ホーム>残間里江子のブログ>【2/11】年をとるごとに人の悩みに自分の懊悩が重なります。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年、仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年に企画制作会社を設立。雑誌『Free』編集長、出版、映像、文化イベントなどを多数企画・開催。 2005年「愛・地球博」誘致総合プロデューサー、2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録する。2009年には既存の「シニア」のイメージを払拭した新しい「日本の大人像」の創造を目指し、会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。国土交通省「社会資本整備審議会」、財務省「財政制度等審議会」、文部科学省「生涯学習審議会委員」、内閣府「男女共同参画推進連携会議」など行政諸機関の委員を数多く歴任。 近著は『もう一度 花咲かせよう』 『閉じる幸せ』 『人と会うと明日が変わる』


【2/11】年をとるごとに人の悩みに自分の懊悩が重なります。

2024/02/11 14:30

第5665回
35時09分

来月で10年目に入る、
BS-TBS「Together〜誰にも言えない悩み」は、
このところ名うての相談員でも、
簡単には答えられないお悩みが、
増えているのですが、
今日収録したお悩み相談も、
かなりの難問でした。

一つ目のお悩みは、
息子さんの結婚相手の外見(主に顔)が、
受け入れられず(生理的に受け入れられない)
結婚に賛成できないでいる、
60歳女性なのですが、
よくよく話を聞いていると、
そんなことに拘って、
結婚に反対している自分自身に、
嫌悪感をも抱いていて、
悩みがいっそう深くなっている、
感じがしました。

もう1人の方は、
物心がついてからずっと、
他人に興味が持てず、
愛情も友情も感じたことがないという、
26歳からの女性で、
オンラインで送られて来た映像を見ると、
(放送では相談者のお顔には、
「ボカシ」が入りますが、
相談時は私たちには見えています)
理知的で美しい女性でした。
この女性は、
自分の性格に、
悩んでいるだけではなく、
他人に対して、
心(感情)を動かすことが出来る、
人間になるための方策を、
教えてほしいというご相談でした。

ゲスト相談員は、
編集者の中瀬ゆかりさんと、
作家の樋口毅宏さんで、
お二人とも、
人生経験豊富で、
人情の機微にも通じている方だけに、
相談者の話を丁寧に聞いて、
的確な回答を出してくださいました。

さらにMC役の古市憲寿さんも、
この番組では相談者に対して、
心細やかに寄り添ってくれるので、
相談者のお二人は、
気持ちの整理が出来たようでした。


【放送は3月2日(土)の23時からです。
是非ご覧いただきたいと思います】

「Together」は、
他に比類なき心優しいゲスト相談員が、
皆さまのお悩みに対して、
真正面から真面目に向き合っている、
番組ではありますが、
それにしても
「よくぞ私たちの番組にお悩みを、
打ち明けてくださった!」と、
毎回感激しております。
♡お悩みのある方は、
番組ホームページまで、
お寄せくださいますように。



(今日のけむり)


【日向ぼっこのけむり】







 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひご覧ください。様々な情報を掲載しています。(ここをクリック)

残間里江子活動情報


雑誌「婦人公論」で吉永みち子さんと対談
穏やかに暮らしたいから、強くあるための「心トレ」を

月刊「清流」
里江子の本音「このままでは終われない」

年を重ねていくことの戸惑い、憂い、そして味わいを、綴ります。

毎週土曜日 あさ6時25分~6時50分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

3/2(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~」
あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿さんと司会を務めています。




ブログの感想など、お便りはこちらから
こちらのフォームからお送りください。


willbe interview




Programs & Events



最近のブログ記事