ホーム>残間里江子のブログ>【2/9】年に一度の大腸内視鏡検査。毎回、結果が出るまで心配です。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年、仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年に企画制作会社を設立。雑誌『Free』編集長、出版、映像、文化イベントなどを多数企画・開催。 2005年「愛・地球博」誘致総合プロデューサー、2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録する。2009年には既存の「シニア」のイメージを払拭した新しい「日本の大人像」の創造を目指し、会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。国土交通省「社会資本整備審議会」、財務省「財政制度等審議会」、文部科学省「生涯学習審議会委員」、内閣府「男女共同参画推進連携会議」など行政諸機関の委員を数多く歴任。 近著は『もう一度 花咲かせよう』 『閉じる幸せ』 『人と会うと明日が変わる』


【2/9】年に一度の大腸内視鏡検査。毎回、結果が出るまで心配です。

2024/02/09 14:30

第5663回
33時27分

日帰り入院の手続きをしてから、
病室に入って、
病院服に着替えをして、
9時半から、
経口腸管洗浄剤2ℓと、
同量の水を飲みました。

12時半には、
検査OKになったのですが、
内視鏡室が混み合っているのか、
検査の呼び出しが来たのは、
15時半を過ぎていました。
検査そのものは、
気持ちよく眠っている間に、
終わっていました。

この数日、
祈るような思いでいましたが、
検査の結果は「異状なし」でした。

主治医の口から、
「ポリープもありませんし、
生検組織検査に回すような、
怪しい病変もありませんでした」という、
言葉を聞いた時、
最初はピンと来ませんでした。
それというのも、
この10年(もしかしたらもう少し前から)
毎年ポリープが見つかっていたのです。
多い年だと6〜7個、
少なくとも2〜3個は摘出して、
生検組織検査もほとんど毎回でした。

一応、食べ物には、
気をつけているつもりですが、
何で急に「異状なし」なのか、
そのまま素直には、
受け止められませんでした。
まさか、
10ヶ月前に始めた、
ウォーキングとも呼べない、
「ユルユル歩き」が、
大腸にいい影響を与えているとは、
考えられませんし……。
でも、まぁ、
「異状」を告げられるよりは、
嬉しいことですから、
これからも慢心せずに、
過ごそうと思っています。

それにしても、
半日以上、
腸管洗浄剤を飲みながらにしても、
ただ病室にいたのですから、
身体はラクだった(ハズ)なのですが、
待ち時間が長かったからか、
味わったことのない疲れを感じて、
病院を出て来た時には、
グッタリしていました。

考えてみれば、
日々忙しく立ち働いていますが、
ほとんどがスケジュールに則って、
動いていますから、
時間の隙間がほとんどないのです。
「今の仕事」は何時から何時までで、
「次の仕事」は何時から何時までと、
区切りがついているので、
身体は疲れていても、
次は次で新しい刺激が、
待っていることもあって、
精神的な疲労は、
あまり感じないのです。
ところが今日のように、
いつまで待てば、
次が始まるのか判らない、
宙ぶらりんの状態だと、
気持ちが弛緩して、
気力がなくなるのです。

「次が決まっていない」という状態は、
その時空間に身を委ねてしまえば、
その間は何の束縛も受けないのですから、
究極のラクとも言えるのですが、
私は「この先」が決まっていないと、
途端に不安になって、
かえって疲れてしまうのです。

若い頃に、
期限を切らないで、
世界放浪の旅にでも出ていたら、
「何もないひととき」を、
楽しめる人間になれたのかも、
しれないと思いますが、
働き始めてからは、
限られた時間の中で、
決まっている目的にむかって、
邁進するということに、
慣れてしまっているので、
今日のように、
自分でコントロールできない、
自由時間は苦手なのです。

……でも、
これからは「次」が見えない日が、
増えるのだと覚悟もしています。
それでも、身体が動くうちは、
無理にでも「やること」を作って、
時間割を埋めようとしている気がします。

(今日のけむり)


【「りえこさんは、
身体が動けなくなっても、
口が動くうちは誰かと、
一日中お喋りをしていると思います」】





 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひご覧ください。様々な情報を掲載しています。(ここをクリック)

残間里江子活動情報


雑誌「婦人公論」で吉永みち子さんと対談
穏やかに暮らしたいから、強くあるための「心トレ」を

月刊「清流」
里江子の本音「このままでは終われない」

年を重ねていくことの戸惑い、憂い、そして味わいを、綴ります。

毎週土曜日 あさ6時25分~6時50分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

3/2(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~」
あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿さんと司会を務めています。




ブログの感想など、お便りはこちらから
こちらのフォームからお送りください。


willbe interview




Programs & Events



最近のブログ記事