ホーム>残間里江子のブログ>【1/22】2023年「やりたいこと」と「やめたいこと」について………。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年、仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年に企画制作会社を設立。雑誌『Free』編集長、出版、映像、文化イベントなどを多数企画・開催。 2005年「愛・地球博」誘致総合プロデューサー、2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録する。2009年には既存の「シニア」のイメージを払拭した新しい「日本の大人像」の創造を目指し、会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。国土交通省「社会資本整備審議会」、財務省「財政制度等審議会」、文部科学省「生涯学習審議会委員」、内閣府「男女共同参画推進連携会議」など行政諸機関の委員を数多く歴任。 近著は『もう一度 花咲かせよう』 『閉じる幸せ』 『人と会うと明日が変わる』


【1/22】2023年「やりたいこと」と「やめたいこと」について………。

2023/01/22 15:15

第5622
24時6分

昨日、今年初めての、
「willbeオンラインカフェ」が、
開催されました。
今回のテーマは、
「今年の抱負」
〜今年こそ!始めたいこと、やめたいこと〜
わざわざ「やめたいこと」を入れたことで、
興味深いお話が寄せられました。

思わず私が、
「止めてはいけませんよ!」と、
言ってしまったのが、
「あまりにも旺盛な好奇心を、
今年は止めたいと思っています」と、
おっしゃった男性に対してです。
コロナ禍になってからというもの、
毎日zoomで次から次へと、
さまざまなセミナーに参加して、
疲れてしまったようなのです。
結局セミナーは控えて、
「積読本」を読むことと、
ヤマハが開発した「ヴェノーヴァ」という、
管楽器に挑戦することになりました。

「一昨年乳癌の手術をして、
その後通院しながらの治療が大変で、
やめたくなかったけれど、
やめざるを得なかったピアノとフランス語を、
今年は再開します!」と、
力強く語った女性は、
とても素敵な話をしてくださいました。
「乳癌手術で胸を切除した女友達が、
『温泉に行きたくても行けない』というので
私、町の銭湯に行ってみたんです。
胸の傷跡も隠さないで入って行って、
でも、さほどみんなから見られなくて、
で、お風呂から上がって、
着替えるところに出てきたら、
先に出て来た、
年長の女性たちが数人いて、
私が上がって来るのを、
待っていたらしいんですよね。
それで、
「あの〜失礼ですけど、
その胸の傷は何かご病気でも?」と、
ストレートに聞いてきたので、
「実は乳癌で………」と、答えると、
あとは矢継ぎ早に質問してくるんですよ。
でも、不快な感じはまったくなくて、
気がついたら皆さんは洋服を着ているのに、
私だけ全裸で答えていたんです。
それも、
「その傷はどこまで続いているんですか?
あの〜腕を上げてくださらない?」とか言われて、
画学生の前でヌードモデルになった気分でした(笑)
でもそのことがあったお蔭で、
人前で胸を出すことが気にならなくなりました。
乳癌とはこの先、
長いつき合いになりそうですから、
中断していたピアノとフランス語を、
また始めることにしたのです」

………ユーモアで包んでのお話に、
男性陣も頷きながら聞き入っていました。
久しぶりに参加くださった、
社会学者の加藤秀俊さんは、
「もはや癌は怖い病気ではありませんよ。
私も30年前に胃癌になって、
3分の2を切りましたが、
93歳の今も元気です。
医学も進んでいますし心配はいりませんよ」と、
やさしい言葉をかけてくださいました。

他にも、
*検査で中性脂肪と悪玉コレステロールの、
数値が高かったので食生活の改善をしたい。
*友達とYou tube を始める予定。
*これまでも行っていたが、
今年も沢山コンサートに行きたい。
*新しいことにチャレンジしようと思っているので、
今日も初めて「willbeオンラインカフェ」に参加した。
*シニア向けのダンスレッスンを始めた。
*「健康生きがいづくりアドバイザー」の、
資格を持っているので、講演活動をしたい。
*筋力を意識して生活したい。
*平成9年から女性向けの「食事会」を、
プロデュースしているが、
今年も毎月実施しようと思っている。
*会いたい人に会いに行く。
*昨年は意識的に外に出るようにした。
いろんな集いにも参加した。
でも、今年のお正月、
心の中が空っぽだと感じた。
自分は「孤独」ということから、
逃げていたのではないかと思った。
だから今年は、外に出かけず、
自分の気持ちと向き合おうと思った……等々。

最後に進行役のヒロモリから、
私の抱負をと促されたのですが、
「先ずは、身体を動かそうと思います……」と、
答えることしか出来ませんでした。
暦が変わる2月4日の立春までには、
もう少しまともな「抱負」を考えます。


(今日のけむり)

【ベランダに飛んで来たカラスを、
恐々見つめているけむり】


 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひご覧ください。様々な情報を掲載しています。(ここをクリック)

残間里江子活動情報

月刊「清流」
残間里江子対談「人生、まだまだ進行形!」

202211_zanma_2x
小池真理子さん
1/1発売2月号

これまでの対談ゲストの方々は
こちらから

毎週土曜日 あさ6時25分~6時50分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

2/4(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿さんと司会を務めています。


ブログの感想など、お便りはこちらから

こちらのフォームからお送りください。


willbe interview



過去のフォトアルバム

こちら




Programs & Events



最近のブログ記事