ホーム>残間里江子のブログ>【1/20】基本的には「素のザンマ」で参ります。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年、仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年に企画制作会社を設立。雑誌『Free』編集長、出版、映像、文化イベントなどを多数企画・開催。 2005年「愛・地球博」誘致総合プロデューサー、2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録する。2009年には既存の「シニア」のイメージを払拭した新しい「日本の大人像」の創造を目指し、会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。国土交通省「社会資本整備審議会」、財務省「財政制度等審議会」、文部科学省「生涯学習審議会委員」、内閣府「男女共同参画推進連携会議」など行政諸機関の委員を数多く歴任。 近著は『もう一度 花咲かせよう』 『閉じる幸せ』 『人と会うと明日が変わる』


【1/20】基本的には「素のザンマ」で参ります。

2023/01/20 15:15

第5619
30時55分

このところあまり芳しくない感じで、
体調のことを書いたため、
読んでくださった方々から、
お見舞いや励ましのメールをいただき、
申し訳ないと思いつつも、
嬉しく読ませていただきました。

中には、
「『気弱な残間さん』がたまには顔を出し、
正直にそのことを書いていらっしゃることに、
共感しました」
「17日のタイトルには、
なぜかホッと致しました。
いつもパワフルな残間さんとは違った、
少し気弱な姿に親近感を持ちました。
時には気弱な残間さんも、
見せてください」といった、
過分なメールもあって、
カッコをつけずに、
ありのままの自分を出していこうと、
意を強くしました。

その一方で、
「体調不良については、
あまり書かない方がいいと思います。
そんなに大変な人には、
ついていけないと考える人もいますから、
得策ではないですよ」とか、
「あなたはいつも元気に、
飛び回っているイメージが強いのですから、
裏切らないでください。
嘘でも元気だと言ってくれないと、
私まで憂鬱になります」といった、
ご意見(ご要望)も寄せられました。

これも「ごもっとも」な話かもしれません。
でも、この年齢になると、
多かれ少なかれ、
みんな何らかの「不調」を、
抱えているのではないかとも思いますし、
私も「アハハ・オホホ」
「かんら、かんら」とはいかないので、
カラ元気と素の私をとり混ぜて、
書かせていただこうと思っております。
ご容赦ください!

そうそう、
「その後、ピラティスはどうなったのですか?」との、
お便りもいただきましたが、
ホソボソではありますが続いております。
何しろメソッド通りに(ちゃんと)やると、
すぐにアチコチが攣るので、
器具の上でゴロゴロ寝転がったり、
坐骨神経痛に効くストレッチを、
教えていただいたりと、
気ままにやらせてもらっています。
ジムは施設見学に行ったきりで、
そのままご無沙汰ですが、
春になったら考えようと思っています。

………こんな体たらくではありますが、
おつき合いいただけたら幸いです。


(今日のけむり)

【ねずみのネズちゃんと】


 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひご覧ください。様々な情報を掲載しています。(ここをクリック)

残間里江子活動情報

月刊「清流」
残間里江子対談「人生、まだまだ進行形!」

202211_zanma_2x
小池真理子さん
1/1発売2月号

これまでの対談ゲストの方々は
こちらから

毎週土曜日 あさ6時25分~6時50分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

2/4(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿さんと司会を務めています。


ブログの感想など、お便りはこちらから

こちらのフォームからお送りください。


willbe interview



過去のフォトアルバム

こちら




Programs & Events



最近のブログ記事