ホーム>残間里江子のブログ>【8/1】「80歳の壁」とは無縁の立木義浩さんの現役感。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年、仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年に企画制作会社を設立。雑誌『Free』編集長、出版、映像、文化イベントなどを多数企画・開催。 2005年「愛・地球博」誘致総合プロデューサー、2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録する。2009年には既存の「シニア」のイメージを払拭した新しい「日本の大人像」の創造を目指し、会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。国土交通省「社会資本整備審議会」、財務省「財政制度等審議会」、文部科学省「生涯学習審議会委員」、内閣府「男女共同参画推進連携会議」など行政諸機関の委員を数多く歴任。 近著は『もう一度 花咲かせよう』 『閉じる幸せ』 『人と会うと明日が変わる』


【8/1】「80歳の壁」とは無縁の立木義浩さんの現役感。

2022/08/01 10:45

第5107回
33時53分

今日から、
東京・千代田区紀尾井町の、
「文春ギャラリー」で開催される、
立木義浩写真展、
「DIALOGUE between MUSIC and PHOTOGRAPHY」に、
行ってきました。
コロナ禍がこれほどひどくなる前、
萬田久子さんから連絡が来て、
「立木先生の展覧会があるので、
一緒に行きませんか」とのお誘いがあり、
萬田さんと仲良しの神津はづきさんと、
3人で行くことになっていたのです。
ところが、
その後急激に広がり始めた、
コロナの感染拡大ですから、
会場で「何となく会いましょう」という、
ゆるい約束に変更して、
17時頃に「文春ギャラリー」に、
向かいました。

ギャラリーに到着し、
展覧会場に入っていくと、
どこにも告知されてはいなかったのですが、
立木さんを囲んでの、
トークセッションのさなかで、
前の方を見ると、
萬田さんとはづきさんもいました。
この展覧会は、
指揮者であり教育者でもある、
大山平一郎氏が率いる、
若手音楽家の育成に主眼を置く、
音楽家集団(Music Dialogue)の活動を、
立木さんが撮影したものです。


【展覧会場でのトークセッション。
立木さんをはじめとして全員が、
マスク着用です】

立木さんとは、
女性自身の記者を辞めて、
フリーになって最初の仕事となった、
「JJ」のクローズアップインタビューの、
仕事をした時からのおつき合いです。
それまで私は名前を記されることもない、
1取材記者でしたが、
月刊誌になったばかりの「JJ」で、
インタビュー原稿を書かないかと言われ、
この仕事で、初めて、
「文・残間里江子」と、
氏名が誌面に印字されたのです。
記名されたことも嬉しくはありましたが、
それより私の氏名の上に、
「撮影・立木義浩」という名前があり、
立木さんが撮った7頁にわたる写真と、
1頁の私の原稿のあとに、
「撮影・立木義浩 文・残間里江子」と、
掲載されたことの方が大きな喜びでした。
(10代の頃から立木さんの作品を、
見ていましたから、憧れの存在だったのです)

その後、
立木さんの写真集の、
手伝いをさせていただいたりして、
「立木ファミリー」に入れていただき、
私の仕事も数多くやっていただきました。
私が遠藤周作さんが主宰していた、
「劇団 樹座」の団員になって、
(正式に入団試験を受けて入ったのですよ)
「イライザ物語」に出演した時には、
立木さんが私の舞台写真を撮りに来て、
くださったこともありました。
百恵ちゃんの「蒼い時」の、
著者近影も立木さんにお願いしましたし、
その後私が雑誌「Free」の編集長になった時にも、
創刊号のニューヨーク特集の撮影をお願いして、
報酬を度外視して半月以上も、
NYに滞在してくださいました。
この時、一緒に行ってくれたのが、
デビュー間もない萬田久子さんでした。
(20頁余のNY特集の主役になってもらって、
最先端のNYライフを体験してもらったのです)

萬田さんが神津はづきさんと、
初めて会ったのもこの時で、
当時はづきさんはニューヨーク大学に留学中で、
NYでの撮影に参加してくれたのです。
「そう言えば、3人がこうしているのも、
あのNYの取材旅行で、
親しくなったからですよね」と、
はづきさんが言えば、
「あれから40年になるのね。
お互いに色々あったわねぇ」と、
萬田さんも感慨深げに言い、
「立木先生とはNYでも一緒だったけど、
あれから今日まで、
先生は常に新しい領域に挑戦しているし、
あの頃と変わらずカッコいいわよねぇ。
84歳でこんなにカッコいい男性って、
日本にはいないんじゃないかしら。
ほら、見て!先生の足元。素敵な靴よね」と、
男性にはキビシイ審美眼を持っている、
萬田さんならではの感想でした。


【一瞬だけ、マスクを外して。
向かって左から神津はづきさん、
萬田久子さん、立木義浩さん、私】

立木さんの写真展
皆さんも是非おでかけください。


(今日のけむり)

【玄関のチャイムが鳴ると、
直ぐに隠れるビビリ猫です】



 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひご覧ください。様々な情報を掲載しています。(ここをクリック)

残間里江子活動情報

月刊「清流」
残間里江子対談「人生、まだまだ進行形!」

zanma2207
今 陽子さん
8/1発売9月号

これまでの対談ゲストの方々は
こちらから

毎週土曜日 あさ6時25分~6時50分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

9/1(木) あさ10時5分~10時55分
NHKラジオ第1「らじるラボ どうしたの?~木曜相談室~」

お悩みご相談ください。残間は毎月第1木曜日に出演。

9/3(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿さんと司会を務めています。


ブログの感想など、お便りはこちらから

こちらのフォームからお送りください。


willbe interview



過去のフォトアルバム

こちら




Programs & Events



最近のブログ記事