ホーム>残間里江子のブログ>【6/22】口を開けたり、膝を曲げたり、息を止めたり………年をとるにつれ「やるべきこと」が増える一方です。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年、仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年に企画制作会社を設立。雑誌『Free』編集長、出版、映像、文化イベントなどを多数企画・開催。 2005年「愛・地球博」誘致総合プロデューサー、2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録する。2009年には既存の「シニア」のイメージを払拭した新しい「日本の大人像」の創造を目指し、会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。国土交通省「社会資本整備審議会」、財務省「財政制度等審議会」、文部科学省「生涯学習審議会委員」、内閣府「男女共同参画推進連携会議」など行政諸機関の委員を数多く歴任。 近著は『もう一度 花咲かせよう』 『閉じる幸せ』 『人と会うと明日が変わる』


【6/22】口を開けたり、膝を曲げたり、息を止めたり………年をとるにつれ「やるべきこと」が増える一方です。

2022/06/22 11:45

第5067回
23時59分

生島さんのラジオに出る時は、
早い時は午前2時頃、
平均すると3時には起きるのですが、
今日は1時過ぎに、
目が覚めてしまいました。
気持ちを鎮めて、
もう一度眠るよう頑張ってみたら、
目覚ましをかけた時間の5分前、
3時55分に目を覚ましました。
4時20分にTBSラジオから、
ファクスが送られて来るので、
4時起床がベストタイムなのです。
(緊張感からかいつも目覚ましの、
1〜2時間前に起きてしまいます)

再就寝のために、
「頑張ってみたこと」とは、
昨今流行りの「4−7−8呼吸法」を、
やってみたのです。
簡単ですから昨日と同じように、
ここにご紹介しますね。

先ず口から息をはき出して、
肺を空っぽにします。
次に鼻から4秒間息を吸い込んで、
その後7秒間息を止めてから、
8秒かけて口からゆっくり、
吐き出すというものです。
「騙されたと思ってやってみて」と、
友人に言われて、試してみたら、
魔法をかけられたみたいに、
すぐ眠りに落ちたのです。

この呼吸法は、
アリゾナ大学のアンドルー・ワイル教授が、
古今東西の医学を研究して考案した、
究極のストレス解消術だそうで
寝るときだけでなく、
昼間、気持ちを切り替えたい時にも、
効果があるようです。

かくして、
私は「口開きトレーニング」と、
「坐骨神経痛ストレッチ」と、
「4−7−8呼吸法」の、
当面3つをルーチンにして、
過ごすことにしました。


(今日のけむり)

【「次から次へといろんなことをやりますね。
でも、リエコさんは飽きっぽいですからねぇ。
いつまで続くのやら……」】



 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひご覧ください。様々な情報を掲載しています。(ここをクリック)

残間里江子活動情報

月刊「清流」
残間里江子対談「人生、まだまだ進行形!」

zanma2207
阿川佐和子さん
7/1発売8月号

これまでの対談ゲストの方々は
こちらから

毎週土曜日 あさ6時25分~6時50分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

7/7(木) あさ10時5分~10時55分
NHKラジオ第1「らじるラボ どうしたの?~木曜相談室~」

お悩みご相談ください。残間は毎月第1木曜日に出演。

7/9(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿さんと司会を務めています。


ブログの感想など、お便りはこちらから

こちらのフォームからお送りください。


willbe interview



過去のフォトアルバム

こちら




Programs & Events



最近のブログ記事