ホーム>残間里江子のブログ>【11/24】「根性路線」は限界かもしれません。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年、仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年に企画制作会社を設立。雑誌『Free』編集長、出版、映像、文化イベントなどを多数企画・開催。 2005年「愛・地球博」誘致総合プロデューサー、2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録する。2009年には既存の「シニア」のイメージを払拭した新しい「日本の大人像」の創造を目指し、会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。国土交通省「社会資本整備審議会」、財務省「財政制度等審議会」、文部科学省「生涯学習審議会委員」、内閣府「男女共同参画推進連携会議」など行政諸機関の委員を数多く歴任。 近著は『もう一度 花咲かせよう』 『閉じる幸せ』 『人と会うと明日が変わる』


【11/24】「根性路線」は限界かもしれません。

2021/11/24 11:15

第4857回
31時48分

先ずは、
本日開催の、
「willbeオンラインカフェ」に、
参加できなかったことを、
お詫びしなければなりません。
申し訳ありませんでした。
(ご参加くださった皆さまには、
心から感謝致しております。
ありがとうございました!)
肺炎は、
高熱が出ていた頃に比べれば、
随分ラクになりましたが、
何かの拍子に、
まだ少し息切れがします。

ご迷惑をおかけしている時に、
こんなことを言うのは、
気が引けますが、
2021年終盤にこのような形で、
改めて「身体の劣化」に、
気がついたのは、
よかったような気もします。

「病気」対して、
高を括ってはいませんが、
今もって、
仕事第一で生きていますから、
常に「ここまで来たら、
なるようにしかならないのだから、
倒れるまではやり切ろう」と、
思っていました。
どのみち最期はくるのだし、
それだって、
いつ来るか判らないのだからと………。
(突出した能力も技もないので、
言ってみれば「根性路線」ですね)

特に最近は、
「えっ?あの人が?」というような、
友人・知人が突然世を去るのを、
体験することが増えるにつけ、
「動けるうちは動こう!!」と、
思っていました。

この姿勢(気持ち)は、
今も基本的には変わりませんが、
今回はあまりにも急なことでしたから、
周りのみなさんに、
ご迷惑とご心配をおかけしてしまったので、
大変申し訳なく、反省しています。

今日は、
毎年この季節恒例の、
東日本放送の、
「みやぎふるさとCM大賞」の、
第一次選考を自宅でしていました。
(締め切りが明日なのです)
今年は29の区市町村から応募があり、
1編を3回ずつ観て審査をしました。
12月4日には仙台に行って、
本選会に臨みますが、
それまでに完全快復に、
努めなければなりません。

今スケジュール帳を見たら、
その前に来週は月曜・火曜と和歌山に行き、
初日は「プレミア和歌山」の、
推奨品審査会に出て、
翌日は荻野アンナさんと2人で、
これまで推奨品に選ばれた製品の生産地を、
訪ね歩いて取材をする予定が入っていました。

今週末は、
約束していること以外は、
取りやめて、
静養に努めるつもりです。


(今日のけむり)

【「さぁ、わたしも準備運動をして、
頑張らなきゃ!」】



 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひご覧ください。様々な情報を掲載しています。(ここをクリック)

残間里江子活動情報

月刊「清流」
残間里江子対談「人生、まだまだ進行形!」

12/1発売1月号 竹下景子さん
◎これまでの対談ゲストの方々はこちらから

12/2(木) あさ10時5分~10時55分
NHKラジオ第1「らじるラボ どうしたの?~木曜相談室~」

お悩みご相談ください。残間は毎月第1木曜日に出演。

12/4(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿さんと司会を務めています。

毎週土曜日 あさ6時25分~6時50分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。


ブログの感想など、お便りはこちらから

こちらのフォームからお送りください。


willbe interview



過去のフォトアルバム

こちら




Programs & Events



最近のブログ記事