ホーム>残間里江子のブログ>【10/11】介護中の人にとっての「緊急事態宣言」解除。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年、仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年に企画制作会社を設立。雑誌『Free』編集長、出版、映像、文化イベントなどを多数企画・開催。 2005年「愛・地球博」誘致総合プロデューサー、2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録する。2009年には既存の「シニア」のイメージを払拭した新しい「日本の大人像」の創造を目指し、会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。国土交通省「社会資本整備審議会」、財務省「財政制度等審議会」、文部科学省「生涯学習審議会委員」、内閣府「男女共同参画推進連携会議」など行政諸機関の委員を数多く歴任。 近著は『もう一度 花咲かせよう』 『閉じる幸せ』 『人と会うと明日が変わる』


【10/11】介護中の人にとっての「緊急事態宣言」解除。

2021/10/11 12:15

第4813回
28時54分

本来なら休日の今日、
カレンダーに赤字で書かれた、
「スポーツの日」のところには、
×印がついています。
(私がつけたのですが)
スケジュールには、
ミーティングも入っていて、
平日と同じですが、
気持ちは少しゆったりです。

そこで、
午前中は長い間、
両親の介護をしている、
友人に電話をして、
少し長めの話をしました。
介護だけは、
介護した人にしか、
判らないところがあるというのが、
「経験至上主義ではものを語らない」と、
決めている私の唯一の例外項目です。
ともあれ今日も、
先ずは相手の話を聞くことから、
始めることにしました。

友人は真面目かつ律儀な性格で、
何から何まで自分で抱え込んでいて、
仕事も中断して個人としての時間の全てを、
介護に供出している毎日です。
私も母の介護中はそうでしたが、
彼女も誰も見ているわけでもないし、
咎められているわけでもないのに、
「きちんとやらなければ」と、
完璧を期すること優先で、
考えているようでした。

「私の介護」を振り返ると、
自らに犠牲を強いていたことは、
自分でそうしているのですから、
辛いのは当然ですが、
それが回り回って、
介護されていた人(私の場合は母)をも、
辛くさせていたような気がします。

「完璧にやろう」が、
無意識に相手にも完璧を求めていて、
思い通りにならないと、
自分を責めるだけでなく、
相手に対しても、
苛立ちを禁じ得なくなり、
つい声を荒げては、
自己嫌悪に陥るという、
自己犠牲と自己嫌悪のスパイラルを、
回り始めるのです。

「もう少し自分を甘やかしていいのよ。
自分の好きなことをやめないで、
むしろたまには好きなことを楽しんでみて!
そうすると本当は感じなくていいのだけれど、
どうしても感じてしまう、
『自責の念』のようなものが、
介護の場に戻った時に、
相手にやさしく接することが出来る、
潤滑油になるのだから」と、
母を見送った今だから言える言葉を、
彼女にも投げかけたのですが、
詳しく事情を聞くと、
そんな段階ではないようでした。

お母さんは胃瘻で寝たきり、
お父さんは3ヶ月前には、
「1ヶ月から半年」と、
余命宣告をされるところまで、
病状が悪化したのが、
入院・加療をした結果、
かなり快復したということでしたが、
それででも2人とも、
目を離せない状態なのだそうです。
(お母さんの液剤を1時間半に一度ずつ、
取り替えなければならないなど)

そこにもってきて、
今月になって、
突然行政のルールが変更になり、
5年間お世話になっていた、
ヘルパーさん2人が、
新しい人に変わったことで、
また振り出しに戻って、
家のことや親御さんのことを、
1から説明をしなければならず、
とても「自分の好きなこと」になど、
気持ちを向けられないようでした。

徒らに励ますことは、
しなかった(出来なかった)のですが、
「『緊急事態宣言』中は、
世の中も動いていないし、
どうせどこにも行けないのだから、
介護しかしていない日々も、
『仕方がないわ』と、諦めもついたのですが、
いざ宣言が解除されると、
この先仕事はどうなるのだろう、
私自身の人生はそうなるのだろうと、
焦りのようなものも出て来るんですよね。
……でも、今日は話ができただけでも、
大分気持ちが軽くなりました。
出来るだけ『きちんとやろう』と、
思わないようにして、
頑張ってみよう……ううん、
あまり頑張らないで、
やってみるようと思います」と、
ちょっぴり明るい声になった友人に、
ホッとしながら電話を切りました。

彼女は私よりかなり若いので、
親御さんの介護ですが、
私の周辺では、
そろそろ配偶者の介護が始まっています。
親と配偶者とでは、
介護も違うような気がします。
配偶者のいない私ではありますが、
これからその辺のところも学習して、
willbeメンバーの皆さんと、
語り合いたいと思っています。


(今日のけむり)

【鳥の映像が好きみたいです】



 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひご覧ください。様々な情報を掲載しています。(ここをクリック)


 10/19(火) 健康セミナー「認知症を知る」開催。心の中はどういう状態になっていくのか。(ここをクリック)

残間里江子活動情報

月刊「清流」
残間里江子対談「人生、まだまだ進行形!」

10/1発売11月号 笑福亭鶴瓶さん
◎これまでの対談ゲストの方々はこちらから

毎週土曜日 あさ6時25分~6時50分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

11/4(木) あさ10時5分~10時55分
NHKラジオ第1「らじるラボ どうしたの?~木曜相談室~」

お悩みご相談ください。残間は毎月第1木曜日に出演。

11/6(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿さんと司会を務めています。


ブログの感想など、お便りはこちらから

こちらのフォームからお送りください。


willbe interview



過去のフォトアルバム

こちら




Programs & Events



最近のブログ記事