ホーム>残間里江子のブログ>【6/8】私のワクチン接種も緊張しましたが、けむりのワクチン接種にも緊張しました。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年、仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年に企画制作会社を設立。雑誌『Free』編集長、出版、映像、文化イベントなどを多数企画・開催。 2005年「愛・地球博」誘致総合プロデューサー、2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録する。2009年には既存の「シニア」のイメージを払拭した新しい「日本の大人像」の創造を目指し、会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。国土交通省「社会資本整備審議会」、財務省「財政制度等審議会」、文部科学省「生涯学習審議会委員」、内閣府「男女共同参画推進連携会議」など行政諸機関の委員を数多く歴任。 近著は『もう一度 花咲かせよう』 『閉じる幸せ』 『人と会うと明日が変わる』


【6/8】私のワクチン接種も緊張しましたが、けむりのワクチン接種にも緊張しました。

2021/06/08 10:00

第4686回
23時26分

朝、整体の先生宅に行き、
いつにも増して、
1時間半近く、
施術をしていただきました。
私を「整体」に案内してくれた、
青山学院大の大垣教授は、
「僕はいつも15分ぐらいだよ」と、
言うのですが、
それは大垣さんが既に、
整体歴30余年という達人で、
(時々私に身体の緩め方などを、
教えてくれます)
もう身体に整えるところがない、
からなのでしょう。
そこにいくと私は、
伺う度に先生が、
「う〜む、残間さんは、
やり甲斐のある身体ですね」と、
おっしゃるほどですから、
身体が不整備なのだと思います。

本当は整体のあとは、
昼寝などしてゆったり過ごすと、
いいらしいのですが、
夕方前にはけむりをワクチン接種に、
連れていかなければなりませんから、
のんびりもしていられません。

「いつ、どこで、かかるか、
分からないのが感染症の怖さ」と、
書かれたパンフレットは、
まるで「新型コロナウイルス」の、
説明書みたいです。


【猫用ワクチン接種のパンフレット】

今日けむりが受けたワクチンは、
「猫ウイルス性鼻気管炎」と、
「猫カリシウイルス感染症」と、
「猫汎白血球減少症」の、
3種混合ワクチンでした。

予約時間より30分ほど早く着いたら、
「風邪ひき猫ちゃんを診察中なので、
外でお待ちください」と、言われて、
隣接するビルの外階段に、
けむりが入ったキャリーバックと、
並んで座っていたのですが、
通り過ぎる人は怪訝な顔で見ていました。


【グレーのキャリーバッグにはけむりが、
バンダナの上には私が座っていました。】

「風邪ひき猫」らしい猫が、
飼い主の若い女性と帰り、
予約時間丁度に、
お医者さん(女医さん)が、
外に出て来てくれて、
「すみません、外で待っていただいて。
いろんな病気の動物たちが来ますから、
出来るだけ接触させないように、
しているのです。次回からは、
予約時間においでくださいね」と、言われ、
不明を恥じました。

診察台に上って、
体温測定のために、
肛門に体温計を挿入されても、
その後ワクチン接種をされても、
勇敢なのか鈍感なのか、
けむりは顔色一つ変えずに、
平気な顔をしています。


【診察台の上のけむり】

ワクチン接種は、
これまでにも受けたことがあり、
その時は何ともなかったそうですが、
接種後にアナフィラキシーショックが、
起きることがあるので、
約30分間病院で「待機する」というのも、
私が受けたコロナワクチンと同じです。

帰宅後はなるべく安静にさせて、
嘔吐や下痢、発熱、顔の膨張などの、
副反応がないか、
行動を観察するようにと言われました。
(元々丸顔のけむりですから、
「顔が膨らむ」副反応というのは、
どんな状態になるのでしょう。
ムクムク腫れるのでしょうか?)

「これらの副反応が出たら、
24時間診てくれる、
救急動物病院へ連絡をして、
連れて行ってください」とのことで、
渋谷区本町にある、
「日本動物医療センター」の、
カードを貰って帰宅しました。

カードには、
「犬・猫・うさぎ、ハムスター、
フェレット」と書かれ、
内科、呼吸器、消化器、循環器、耳鼻科、
外科、整形外科、眼科、歯科、皮膚、
泌尿器、繁殖、アレルギー、寄生虫、放射線、
腫瘍、画像検診と診療科目が並んでいます。
「繁殖」と「寄生虫」を除けば、
人間の病院と変わりません。

20年以上前に、
猫(ジェリクル)を飼っていた時は、
こんなに行き届いてはいませんでしたし、
私も無造作に飼っていました。

「深夜まで副反応が出なければ、
大丈夫ですよ」と、
先生はおっしゃいましたが、
帰ってすぐは、
玄関先にベタッと、
横たわっていたかと思えば、
(こんなことは初めてです)
ベッドの下に入って行ったきりで、
どんな状態なのか、
姿を見せないので判りません。

明朝は3時半に起きて、
生島さんのラジオに、
電話生出演をしたらすぐに、
私の採血検査のために、
病院へ行かなければなりません。

………心配なので、
ちょっとけむりの様子を、
見に行ってきます。


(今日のけむり)

【ワクチン接種後、帰宅してすぐのけむり。
ウナギ猫みたいです。】



 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひご覧ください。様々な情報を掲載しています。(ここをクリック)

 大人世代のSNS「趣味人倶楽部」を運営する菊川諒人さんをインタビュー 「目指すのは、シニアの第三の息子。」(ここをクリック)


残間里江子活動情報

月刊「清流」
残間里江子対談「人生、まだまだ進行形!」

6/1発売7月号 船越英一郎さん
●これまでの対談ゲストの方々はこちらから

毎週土曜日 あさ6時25分~6時50分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

7/1(木) あさ10時5分~10時50分
NHKラジオ第1「らじるラボ どうしたの?~木曜相談室~」

お悩みご相談ください。残間は毎月第1木曜日に出演。

7/10(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿さんと司会を務めています。


ブログの感想など、お便りはこちらから

こちらのフォームからお送りください。


willbe interview



過去のフォトアルバム

こちら




Programs & Events



最近のブログ記事