ホーム>残間里江子のブログ>【6/6】故・岡田裕介さんを偲んで「いのちの停車場」を観てきました。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年、仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年に企画制作会社を設立。雑誌『Free』編集長、出版、映像、文化イベントなどを多数企画・開催。 2005年「愛・地球博」誘致総合プロデューサー、2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録する。2009年には既存の「シニア」のイメージを払拭した新しい「日本の大人像」の創造を目指し、会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。国土交通省「社会資本整備審議会」、財務省「財政制度等審議会」、文部科学省「生涯学習審議会委員」、内閣府「男女共同参画推進連携会議」など行政諸機関の委員を数多く歴任。 近著は『もう一度 花咲かせよう』 『閉じる幸せ』 『人と会うと明日が変わる』


【6/6】故・岡田裕介さんを偲んで「いのちの停車場」を観てきました。

2021/06/06 11:45

第4685回
34時18分

十分寝ているはずなのに、
何となくの倦怠感があって、
気力不足という気がします。
でも、
よくよく考えてみたら、
寝てはいたのですが、
時計を5回見た記憶からして、
(夜中に起きた時の時間を、
覚えているクセがあるのです)
断続的な睡眠で、
長く、深くは眠ってはいなかった、
ようにも思います。

とは言え、
つい最近までの「睡眠習慣」からすれば、
この数日は「上出来の睡眠」で、
そう考えると、
この倦怠感は「寝過ぎ」から、
きているのかもしれません。

こんなグウタラ生活は、
志半ばで逝った友たちに、
申し訳が立たないと、
何とか奮い立たせ、
昨年11月に大動脈解離で急逝した、
岡田裕介さんの最後のプロデュース作品、
(映画の字幕には「製作総指揮」と、
なっていましたが)
「いのちの停車場」を観に行きました。

近くの映画館でも上演していましたが、
岡田さんが社長・会長を務めた、
東映本社に隣接している、
丸の内東映で観ました。


【映画館の看板】

岡田さんは、
「在宅医療の可能性を映画で描くことで、
観客に生きる希望を伝えたい」という、
思いのもと、
企画立案から脚本作り、
キャスティングにも積極的に携わり、
いつも以上に現場に通って、
撮影を見守っていたそうです。
亡くなった日は自宅で制作の人と、
この作品の編集打ち合わせをしていた時に、
突然倒れて、
帰らぬ人になったと聞きました。

映画は、
終生吉永小百合さんを、
リスペクトし続けた岡田さんらしい、
吉永さんの魅力が結集された作品に、
仕上がっていました。

せっかく出かけてきたのですから、
買い物でもしようかと思ったのですが、
人通りの多さと、
私のエネルギー不足から、
そのまま家に帰ってきました。

古市さんと一緒に司会している、
BS-TBS「Together」は、
いつもは毎月第1土曜日の23時から、
放送されるのですが、
今回は変則的で今日の23時から、
放送されたのを観て、
最近の制作陣の、
編集技術の巧みさに感心しながら、
寝支度に入りました。


(今日のけむり)

【「リエコさんがちっとも、
遊んでくれないので、
わたしも部屋の隅っこで、
ジッとしている時間が、
長くなりました」】


 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひご覧ください。様々な情報を掲載しています。(ここをクリック)

 大人世代のSNS「趣味人倶楽部」を運営する菊川諒人さんをインタビュー 「目指すのは、シニアの第三の息子。」(ここをクリック)


残間里江子活動情報

月刊「清流」
残間里江子対談「人生、まだまだ進行形!」

6/1発売7月号 船越英一郎さん
●これまでの対談ゲストの方々はこちらから

毎週土曜日 あさ6時25分~6時50分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

7/1(木) あさ10時5分~10時50分
NHKラジオ第1「らじるラボ どうしたの?~木曜相談室~」

お悩みご相談ください。残間は毎月第1木曜日に出演。

7/10(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿さんと司会を務めています。


ブログの感想など、お便りはこちらから

こちらのフォームからお送りください。


willbe interview



過去のフォトアルバム

こちら




Programs & Events



最近のブログ記事