ホーム>残間里江子のブログ>【4/21】上野千鶴子さんおススメの「在宅ひとり死」について。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年、仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年に企画制作会社を設立。雑誌『Free』編集長、出版、映像、文化イベントなどを多数企画・開催。 2005年「愛・地球博」誘致総合プロデューサー、2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録する。2009年には既存の「シニア」のイメージを払拭した新しい「日本の大人像」の創造を目指し、会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。国土交通省「社会資本整備審議会」、財務省「財政制度等審議会」、文部科学省「生涯学習審議会委員」、内閣府「男女共同参画推進連携会議」など行政諸機関の委員を数多く歴任。 近著は『もう一度 花咲かせよう』 『閉じる幸せ』 『人と会うと明日が変わる』


【4/21】上野千鶴子さんおススメの「在宅ひとり死」について。

2021/04/21 17:00

第4640回
35時46分

今日は、
文化放送「大人ファンクラブ」の収録で、
上野千鶴子さんにお話を伺いましたが、
上野さんのお話はいつもながら、
痛快かつ示唆に飛んでいて、
勇気づけられました。
大ベストセラーになった、
「おひとりさまの老後」を、
書かれたのが2007年ですから、
あれから14年で、
「おひとりさま時代」が、
驚くほどのスピードで本格到来し、
かく言う私もこの間に、
「おひとりさま」の、
仲間入りを果たしました。

今日は、
またもや話題になっている、
近刊「在宅ひとり死のススメ」を、
中心にお話を伺いました。
当初このタイトルは、
編集部内で、
「刺激的すぎて手にとって、
貰えないのではないか」といった、
反対意見もあったそうですが、
敢えてそのまま出版したところ、
多くの人が読んでくれているそうです。

高度成長を経て、
「最期は病院で迎える」時代が長く続き、
在宅での看取りは難しいと言われ、
ましてや「おひとりさま」が、
自宅で最期を迎えるなんて、
非常識とまで言われましたが、
2000年の介護保険導入によって、
現場の意識に変化が表れたと、
上野さんはおっしゃています。

「介護職の人たちの経験値が上がり、
『家で死ぬのに、
医者も看護師も要りません。
私たちだけで十分です』と、
言うまでになって、
自宅での最期が、
現実的な選択肢となって来たのです。
これまでは子供との同居が、
幸せとされて来ましたが、
『子供との同居は NG』
『孫の教育資金を出してはいけない』
『自分の家を売って手放すのはNG』と、
私が以前から言い続けて来たことが、
最近では常識になって来ましたし、
おひとりさまも多数派になり、
1つのライフスタイルとなって、
今も増え続けているのは、
私のお陰もあるかもしれませんね。
エヘン!」と、
上野さんはユーモアたっぷりに、
著書に書いていらっしゃいますが、
私も全くその通りだと思います。

………でも、
よく考えたら、
私はノマドライフとまでは、
いきませんが、
離婚してからこのかた、
ずっと「賃貸住宅流浪派」で、
今の家も借りています。
賃貸住宅の人はどうすればいいのか、
今度上野さんに伺ってみます。
(上野さんの著書、
「在宅ひとり死のススメ」は、
文春新書 税込定価880円です)


(今日のけむり)

【暑いからかグダグタしている時間が、
長くなりました】



 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひご覧ください。様々な情報を掲載しています。(ここをクリック)

 大人世代のSNS「趣味人倶楽部」を運営する菊川諒人さんをインタビュー 「目指すのは、シニアの第三の息子。」(ここをクリック)


残間里江子活動情報

月刊「清流」
残間里江子対談「人生、まだまだ進行形!」

5/1発売6月号 南こうせつさん
●これまでの対談ゲストの方々はこちらから

毎週土曜日 あさ6時25分~6時50分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

毎月第1木曜日 あさ10時5分~10時50分
NHKラジオ第1「らじるラボ どうしたの?~木曜相談室~」

リスナーの皆様の相談に乗ります。残間は毎月第一木曜日に出演。

6/6(日) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿さんと司会を務めています。


ブログの感想など、お便りはこちらから

こちらのフォームからお送りください。


willbe interview



過去のフォトアルバム

こちら




Programs & Events



最近のブログ記事