ホーム>残間里江子のブログ>【2/19】膝の痛みに耐えながら「生きている」実感をかみしめています。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)
プロデューサー
仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年に企画制作会社を設立。雑誌『Free』編集長、出版、映像、文化イベントなどを多数企画・開催。 2005年「愛・地球博」誘致総合プロデューサー、2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録する。2009年には既存の「シニア」のイメージを払拭した新しい「日本の大人像」の創造を目指し、会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。国土交通省「社会資本整備審議会」、財務省「財政制度等審議会」、文部科学省「生涯学習審議会委員」、内閣府「男女共同参画推進連携会議」など行政諸機関の委員を数多く歴任。 近著は『もう一度 花咲かせよう』 『閉じる幸せ』


【2/19】膝の痛みに耐えながら「生きている」実感をかみしめています。

2021/02/19 13:15

第4579回
25時03分

「ここが痛い」「そこが痛い」と、
言っても、
「痛み」だけは、
自分で耐えるしかないので、
黙っていたのですが、
数日前から左膝が痛くて、
今朝一番で整形外科に行き、
応急手当てで水を抜き、
ヒアルロン酸を注射して来ました。
最近はあまりにも歩かないので、
足が萎えてしまったのかと思って、
日曜日には9000歩以上歩いたのですが、
特にその時は痛くなかったのです。
痛くなったのは、
火曜日の夜あたりからで、
それでも歩いたり、
立ったりしている時は、
さほど痛くないので、
和歌山の講演も、
何とかやりこなしたのですが、
椅子に座って立ち上がる時、
膝頭を中心に足全体に、
激痛が走るのです。

一番ひどかったのが一昨日で、
新幹線新大阪駅で下車して、
「くろしお号」に乗り換えようと、
新幹線の椅子から、
立ち上がろうとした瞬間でした。
膝が痛くて、
全く力が入らないのです。
グズグズしていると、
「くろしお号」に乗れなくなるので、
椅子の背につかまって、
必死の思いで立ち上がりました。
下車してホームを歩きはじめると、
大きな痛みもなく歩けますし、
在来線乗り場までの構内も、
いつもの速さは出ませんが、
それでも歩いていけるのに、
階段や座席に座る時には、
やはり激痛が走るのでした。

月曜日にはMRIを撮って、
原因究明をしてもらう予定ですが、
左膝の半月板がやられているか、
(2016年の8月には、
右膝の半月板の手術をしています)
もしかしたら疲労骨折かもしれないと、
言われました。

先週までは、
右手の平が1番痛かったのですが、
一昨日からは、
左膝に一位のタイトルを剥奪され、
手の平の痛みは、
物を掴まない限りは忘れています。
(人間って現金なものですね)

……今日は、
荻野アンナさんと対談をしました。
「club willbe」のHPでも、
ご案内しておりますが、
「老婦人マリアンヌ鈴木の部屋」という、
新刊を出され、
この本を書いたのを契機に、
パートナーの死、
両親の介護と看取り、
荻野さん自身の癌闘病と鬱病に、
苛まれた苦闘の25年間を、
「吹っ切りたいの」と、
語っていました。

目下建築中の、
画家だったお母様(江見絹子さん)の、
美術館のことを活き活きと語る荻野さんは、
既に次なる「飛翔の地」を探し当てた感じがして
羨ましくなりました。


【赤色のカラーが素敵な荻野さん】



(今日のけむり)

【「リエコさん、そのへっぴり腰は、
なんですか?
床に座れないですって?
体重増加が原因なんじゃないですか?」】





 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひご覧ください。様々な情報を掲載しています。(ここをクリック)

残間里江子活動情報

月刊「清流」
残間里江子対談「人生、まだまだ進行形!」

2/1発売3月号 クミコさん

毎週土曜日 あさ6時25分~6時50分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

3/4(木) あさ10時5分~10時50分
NHKラジオ第1「らじるラボ どうしたの?~木曜相談室~」

リスナーの皆様の相談に乗ります。残間は毎月第一木曜日に出演。

3/6(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿さんと司会を務めています。

willbe interview





過去のフォトアルバム

こちら




Programs & Events



最近のブログ記事