ホーム>残間里江子のブログ>【1/12】災禍の終息を祈念しながら舞う藤間爽子さんの配信映像について。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)
プロデューサー
仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年に企画制作会社を設立。雑誌『Free』編集長、出版、映像、文化イベントなどを多数企画・開催。 2005年「愛・地球博」誘致総合プロデューサー、2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録する。2009年には既存の「シニア」のイメージを払拭した新しい「日本の大人像」の創造を目指し、会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。財務省「財政制度等審議会」、文部科学省「生涯学習審議会委員」など行政諸機関の委員を数多く歴任。1998年から10年間、国土交通省「社会資本整備審議会」委員として新河川法制定にも関わる。2007年から男女共同参画推進連携会議議員。男女共同参画に関わる講演も多く、 近著は『もう一度 花咲かせよう』 『閉じる幸せ』


【1/12】災禍の終息を祈念しながら舞う藤間爽子さんの配信映像について。

2021/01/12 15:15

第4541回
31時27分

昨年4月まで、
私のオフィスに所属していた、
藤間爽子さんが、
『地水火風空 そして、踊』と題した、
映像作品で見事な踊りを見せています。
コロナ禍にあえぐ日本人すべての再生を祈念し、
同時に踊りという翼をもがれた、
舞踊人の祈りと再生への希望が描かれ、
劇場では見過ごしがちな、
日本舞踊の細部の繊細な動きも見られます。
この新しい挑戦の作・演出は、
尾上菊之丞(おのえ・きくのじょう)さん、
主演を務めたのが藤間爽子(ふじま・さわこ)さんです。
「清浄な水の瀬に身を横たえる一人の乙女。
それを表現できるのは爽子さん以外にない。
彼女の持つ清らかさは、
稀有のものだと思います。
美しい人、艶やかな人はいても、
清らかさを保つことは非常に難しい。
おそらくそれは彼女の持って生まれた資質なのでしょう」
との思いから、
爽子さんが主演を務めることになったのだそうです。

中身は、
第1章の前の、
言わば序章とも言うべきシーンから始まり、
祭司のかがり火の下で、
災いに覆われた大地を鎮めんと、
祝詞を読み上げる松本白鸚丈が演ずる、
重厚な舞に続いて、
第1章の「祈り」が始まり、
次いで第2章の「雨乞い」、
第3章の「五穀豊穣」
第4章の「潔斎」
第5章の「天女の舞」と、
分かれていますが、
「雨乞いの乙女」も「天女の舞」の、
爽子さんも素晴らしかったですが、
第4章の潔斎(「潔斎」とは心身の清めですね)で、
選ばれた一人の乙女が、
青色の水をくぐり、
清められて奔流へと引き込まれてゆく、
シーンの爽子さんは圧巻で、
その美しさに心が奪われました。

次々に舞踊の公演が、
中止される中にあって、
無観客で公演を行い、
それを撮影して配信することも、
考えられますが、
菊之丞さんは、
「空っぽの席をお見せするのは、
どうも寂しくて好きになれないのです。
とは言え、
舞台公演を映像化することの難しさは、
日頃から感じておりましたので、
一から映像として見せる、
日本舞踊作品を創ろうと考え、
同時に踊りとは何かということを、
根源的に示す作品にしたいと思って、
制作しました」と、
インタビューで語っていましたが、
既存の日本舞踊とは趣が全く違った、
ジャンルを超えた見事な映像作品だと思いました。
撮影は、深夜の乃木神社、
太平洋を望む小田原の江之浦測候所、
高知県の清流・仁淀川の三地点で、
オールロケで行われたそうです。

私は配信チケットが販売されてすぐに購入し、
早朝と昼と深夜、3回観ましたが、
早朝の静けさにもピッタリくる作品でした。

配信は15日の23時59分までなので、
もっと早く書きたかったのですが、
新年の行事が「非常事態宣言」との関連で、
混乱が続いていて、
今日にまでなってしまいました。

これからでも間に合いますので、
ご覧いただけたら幸甚です。

下記が配信要項です。
2021年1月2日(土)12:00~1月15日(金)23:59
「PIA LIVE STREAM」
(期間中何度でも視聴可能)
配信チケット料金:3,500円


(今日のけむり)

【「正飼い主が預けっぱなしの負い目からか、
猫玩具の福袋を買って来たのですが、
私はこんなゴージャスなおもちゃは嫌いです。
もっと簡素な紐が好きだと言ってるのに!」】


 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひご覧ください。様々な情報を掲載しています。(ここをクリック)

残間里江子活動情報

月刊「清流」
残間里江子対談「人生、まだまだ進行形!」

1/1発売2月号 田中美佐子さん

毎週土曜日 あさ6時25分~6時50分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

2/4(木) あさ10時5分~10時50分
NHKラジオ第1「らじるラボ どうしたの?~木曜相談室~」

リスナーの皆様の相談に乗ります。残間は毎月第一木曜日に出演。

2/6(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿さんと司会を務めています。

willbe interview





過去のフォトアルバム

こちら




Programs & Events



最近のブログ記事