ホーム>残間里江子のブログ>【9/16】すみません、続きは明日書きます!……と書きましたが、早朝起きて続きを書きました。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)
プロデューサー
仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年に企画制作会社を設立。雑誌『Free』編集長、出版、映像、文化イベントなどを多数企画・開催。 2005年「愛・地球博」誘致総合プロデューサー、2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録する。2009年には既存の「シニア」のイメージを払拭した新しい「日本の大人像」の創造を目指し、会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。財務省「財政制度等審議会」、文部科学省「生涯学習審議会委員」など行政諸機関の委員を数多く歴任。1998年から10年間、国土交通省「社会資本整備審議会」委員として新河川法制定にも関わる。2007年から男女共同参画推進連携会議議員。男女共同参画に関わる講演も多く、 近著は『もう一度 花咲かせよう』 『閉じる幸せ』


【9/16】すみません、続きは明日書きます!……と書きましたが、早朝起きて続きを書きました。

2020/09/16 10:30

第4424回
23時46分&29時04分

今夜はとっておき(?)の、
話をしよう(書こう)と、
思っていたのですが、
予期せね出来事が続き、
(決して困ったことではないのですが)
何分にも今朝は3時に起きたので、
頭がついて来そうもないので、
ブログは明日書かせていただきます。
(明日も朝早くから会議なので、
午後の公開になるかもしれません)
私の性分で、
途中で終わらせたことが悔やまれ、
またしても28時(午前4時)には、
起きましたので続きを書きます。

「とっておきの話」と、
書きましたが、
実は私が社外取締役を務めている、
藤田観光の新しいプロジェクトの、
お知らせですので、
public・relation、
つまりPRなのです。
気を持たせてすみません。

10月1日から、
東京も「Go To トラベル」の、
対象になると言われていますが、
そうなる、ならないとは関係なく、
(そのためにやろうとしたわけではなく)
「ホテル椿山荘東京」が再来年(2022年)に、
開業70周年を迎えるに際して、
明治の元勲・山縣有朋公の愛でた庭園を、
3カ年計画で更に魅力あるものにしようと、
プロジェクトが始動することになり、
その第一弾が今夜初披露されたのです。

その名も「東京雲海」
私はかねがね雲海ファンで、
飛行機に乗るのも「雲海見たさ」に、
乗っているようなものなのです。


【もうじき雲海が出てきます】


【今日は太鼓の演出も、ありました】


【本当は幻想的でロマンティックなのに、
私の写真が技がひどく雲海で何も
見えなくなってしまいました】


【本当はこんな感じになります。
(パンフレットより)】

雲海は、放射冷熱によって霧、層雲が、
広域に発生する自然現象ですが、
季節や時間的な条件に加えて、
大気層、気温、風向きなどの条件が、
整わないと見らえない現象です。
「東京雲海」は、
それを高い日本の技術で人工的に、
発生させるというもので、
極めて珍らしい庭園演出です。

最初、社内の説明会で聞いた時には、
「自然だからいいのであって、
人工的に霧や雲海を発生させるなんて、
わざとらしくならないかしら」と、
思ったのですが、
今夜実際に体験してみたら、
これが大そう美しいものだったのです。

霧に包まれた庭園を建物から見下ろすと、
庭園内の緑が淡い雲海に浮かぶ島々のようで、
同行のナカヤマは、
「コロナ禍のなかで如何に美しいものに、
飢えていたかがわかるわ」と、
うっとりとしていました。
雲海は夜明けから早朝、朝食時、昼食時、
夕食時、深夜と、1日10回程度、
(湿度や風向きなど出会うタイミングによって、
その時々趣は違うようですが)
庭園の4分の3が雲海に覆われる趣向です。
「東京雲海」は通年実施しますが、
見られる時間帯はHPでご確認ください。

「東京庭園」は、
単に庭園内を歩いただけでは、
霧の中にいるというだけで、
何も見えません。
実際私とナカヤマは、
庭園に行けばいいのだろうと思って、
最初庭園に行ったところ、
互いの姿も見えないほど真っ白で、
(濡れはしませんし、
数分間止まっていれば霧は流れますが)
やはり醍醐味はホテル内の、
絶景スポットから、
ご覧になるのをお勧めします。

ホテルとしてはこの大変な時期に、
思い切った「投資」をしておりますので、
雲海を楽しんでいただくための、
各種プランをご用意しております。
緑豊かなテラス席で、
ライトアップされた三重塔や、
幻想的な東京雲海を眺めながら、
フレンチのショートコースのお料理とともに、
シャンパンやフリードリンクのビールや、
ワインなどをお楽しみいただける、
10000円のコースから、
各レストランでも「雲海」にちなんだ、
特別コース料理をご用意してありますので、
季節のよってプラン・メニューが変わります。
是非ご堪能ください。


 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひご覧ください。様々な情報を更新しています。(ここをクリック)

 10/10~11 連続セミナー『willbeアカデミー』開催 オンライン受講もできます。(ここをクリック)

残間里江子活動情報

10/3(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿さんと司会を務めています。

月刊「清流」
残間里江子対談「人生、まだまだ進行形!」

9/1発売10月号 幸田真音さん

毎週土曜日 あさ6時25分~6時50分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

10/8(木) あさ10時5分~10時50分
NHKラジオ第1「らじるラボ どうしたの?~木曜相談室~」

リスナーの皆様の相談に乗ります。残間は毎月第一木曜日に出演。

willbe interview





過去のフォトアルバム

こちら




Programs & Events



最近のブログ記事