ホーム>残間里江子のブログ>【8/1】今日から8月!志半ばで逝った人たちを思って「自分を生き切らなければ」と思うのですが………。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)
プロデューサー
仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年に企画制作会社を設立。雑誌『Free』編集長、出版、映像、文化イベントなどを多数企画・開催。 2005年「愛・地球博」誘致総合プロデューサー、2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録する。2009年には既存の「シニア」のイメージを払拭した新しい「日本の大人像」の創造を目指し、会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。財務省「財政制度等審議会」、文部科学省「生涯学習審議会委員」など行政諸機関の委員を数多く歴任。1998年から10年間、国土交通省「社会資本整備審議会」委員として新河川法制定にも関わる。2007年から男女共同参画推進連携会議議員。男女共同参画に関わる講演も多く、 近著は『もう一度 花咲かせよう』 『閉じる幸せ』


【8/1】今日から8月!志半ばで逝った人たちを思って「自分を生き切らなければ」と思うのですが………。

2020/08/01 10:45

第4378回
31時19分

………なんだか、
何もやる気がしなくて、
無重力の世界を無意識に、
動いているような感じです。
とは言え、
現実には「予定」というものがあって、
今日は美容院を予約してありましたので、
銀座まで出かけました。

銀座は歩行者天国になっていましたが、
いっときより人通りは少なく、
デパートにもあまり人は、
入っていませんでした。
コロナ禍が長引いていることで、
疲れ切っているのか、
行き過ぎる人たちからも、
生気は感じられませんでした。

岡さんの死去について、
ブログに書いたことから、
久しぶりに連絡をくださった方が多く、
「僕も岡さんとはこんなつき合いでした」とか、
「電通時代、一緒にこんな仕事をしました」など、
岡さんとの関係性を誇りに思っている男性が、
こんなにも沢山いたのだと、
岡さんの「人気」を再認識させられました。

作家の野地秩嘉さんからは、
「私も何も言葉がないです。
岡さんとは電通時代から親しくしていました。
そういえば、私の結婚パーティーには、
残間さんにも来ていただきましたが、
あの時、岡さんから、
『野地くんも残間さん、知ってるんだ?
いい人なんだよ』と、言っていました。
僕、岡さんと同い年なんです。
もう、こうなったら、
『明日はない』と思って、
自由に生きるしかないですね。
どこかで、献杯、お願いします」との、
メールが届きました。

岡さんが私のことを、
そんな風に言ってくれていたなんて………。
亡くなったから、
聞くことができた話ですから、
哀しいことではありますが、
反面とても嬉しく、
志半ばで逝った岡さんに、
恥ずかしくないよう、
野地さんの言葉ではありませんが、
「明日はない」と思って、
1日1日を、
精一杯生きていかなければと、
改めて思いました。

……思いはそうなのに、
この無気力な今日の私は、
どうしたことでしょう!



梅雨が明けた、
夏空を見上げながら、
「明日こそは」と、
誓いを立てましたが………。



 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひ見てください。様々な情報を更新しています。(ここをクリック)

 【お便りお待ちしています】どんな毎日をお過ごしですか? ブログで紹介させていただく形で、少しでもつながりを感じていただける機会になればと願っています。(ここをクリック)

残間里江子活動情報

9/5(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿さんと司会を務めています。

月刊「清流」
残間里江子対談「人生、まだまだ進行形!」

8/1発売9月号 土井善晴さん

毎週土曜日 あさ6時25分~6時50分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

9/3(木) あさ10時5分~10時50分
NHKラジオ第1「らじるラボ どうしたの?~木曜相談室~」

リスナーの皆様の相談に乗ります。残間は毎月第一木曜日に出演。

willbe interview





過去のフォトアルバム

こちら




Programs & Events



最近のブログ記事