ホーム>残間里江子のブログ>【11/29】キャンディッドは「マルシェ・プロジェクト」を始める前の学習期間に入りました。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)
プロデューサー
仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年に企画制作会社を設立。雑誌『Free』編集長、出版、映像、文化イベントなどを多数企画・開催。 2005年「愛・地球博」誘致総合プロデューサー、2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録する。2009年には既存の「シニア」のイメージを払拭した新しい「日本の大人像」の創造を目指し、会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。財務省「財政制度等審議会」、文部科学省「生涯学習審議会委員」など行政諸機関の委員を数多く歴任。1998年から10年間、国土交通省「社会資本整備審議会」委員として新河川法制定にも関わる。2007年から男女共同参画推進連携会議議員。男女共同参画に関わる講演も多く、 近著は『もう一度 花咲かせよう』 『閉じる幸せ』


【11/29】キャンディッドは「マルシェ・プロジェクト」を始める前の学習期間に入りました。

2019/11/29 11:00

第4132回
24時38分

11時半からの、
社内ミーティングに出て、
終わるや否や、
丸の内行幸通りで、
「青空市場」が事務局になって、
開催している、
「プレミア厶マルシェ」に、
顔を出しました。
今夏、一般社団法人になった、
「青空市場」ですが、
毎週金曜日に行幸通りで、
開催されているマルシェは、
何年も前から、
永島敏行さんの会社が、
(こちらも「青空市場」と言います)
主体となって、
営まれて来ましたので、
キャンディッドは、
今のところサポート部隊として、
お手伝いをしているのです。
(来年の春あたりからは、
一体化して開催出来たらと、
考えていますが……)


【行幸通りの『プレミアムマルシェ』】


【ランチ時に購入して、お店に、
預けておいて、終業後、受け取る
ワーキングウーマンも多いとか……】

今日は、
「プレミアムフライデー」
(月の最終金曜日)ということで、
出展くださった生産者も多く、
私が行った昼食時も、
マルシュは賑わっていました。
(最近は皇居に行く人が多く、
行幸通りも人通りが、
多くなっているようです)
夕方行ったナカヤマは、
今後に備えて、
お手伝いをさせてもらったとか。
「事務局のサノさんに教わりながら、
プレゼントの配布をしたりしただけですが、
実際にやってみなければ、
解らないことが沢山ありました」と、
いうメールをくれて、
19時半にマルシェが、
閉じるまでいたそうです。

帰宅後改めて、
電話があったのですが、
思った通り、
食料品の買い出しが、
何よりも好きなナカヤマは、
(どうしても我慢出来ずに)
野菜類を山ほど抱えて、
帰って来たみたいです。

「残間さんの故郷、
宮城県にしかないという、
小松菜に似た珍しい野菜や、
新鮮で美味しそうな大根やサニーレタス、
余り見かけないちょろぎと食用菊、
それから福島の農家の皆さんを、
応援したいと思って、
福島産の野菜も買ったら、
10キロ以上にもなって、
混んでいる山手線の中で、
膝の上に抱えて帰って来たんだけど、
あまりにも重いので、
途中夫に電話して、
駅まで来て貰ったのよ」と、
言ったのには、
「ビックリ仰天」でした。

と、言うのも、
これまでナカヤマは、
どんなに荷物が重くても、
夫に駅まで迎えに来て貰ったことなど、
一度もなかったので、
「10キロの野菜」以上に、
驚いたのです。

ふ〜む、孫が産まれてから、
微妙に夫婦仲が、
良くなった気はしていましたが、
さては「孫に新鮮な野菜を食べさせたくて、
こんなに沢山買って来たのよ」とでも、
言ったのでしょうか。
(ナカヤマの夫は、
孫が誕生してからというもの、
「孫・命」となり、
毎日のように孫と会っていて、
たまにしか会わないナカヤマが抱くと、
孫が泣き出すのを、
〝嬉しそう”に見ているのだそうです)

………マルシェ探訪のあと、
14時から始まる、
雑誌「清流」の、
対談場所に向かいました。

今回のゲストは、
生島ヒロシさんです。
毎週のように、
番組では話をしていますし、
時々ご飯を食べたりもしていますが、
面と向かってインタビューを、
したことはないので、
「緊張感」とはちょっと違うのですが、
不思議な距離感で話をしました。


【生島さんと】

私たちの周りを、
編集者やカメラウーマンなどが、
とり囲む「仕事の場」での話は、
親しい友人同士の雑談の域を超えて、
生島さんの職業観や人生観、
生島家のファミリーの話など、
新鮮な気持ちで話を聞いていました。

新しい年がやってくるのに際して、
この先どんな風に歩みを進めようかと、
考えている私にとって、
いいヒントをもらったように思います。
(この対談は2月1日発売の、
「清流3月号」に掲載されますので、
ご覧いただけたら幸いです)

……明日は、
「willbe混声合唱団」の、
台風襲来で中止になった回の、
振替レッスン日です。

出来るだけ参加したいと、
思っているのですが、
来週月曜日に、
肋骨のレントゲンを撮ることに、
なっていますので、
この2日間は極力安静にしていた方が、
いいような気もしていて、
……迷っています。
(明朝、起きた時の体調で、
判断することにします)


 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひ見てください。様々な情報を更新しています。(ここをクリック)

残間里江子活動情報

12/7(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~ 」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿さんと司会を務めています。

月刊「清流」
残間里江子対談「人生、まだまだ進行形!」

11/1発売12月号 芳村真理さん

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

毎週日曜日 あさ9時30分~9時55分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

willbe interview



ブログの感想お待ちしています!
電子メールアドレス blog@club-willbe.jpにお送りください。

過去のフォトアルバム

こちら


Projects



Programs & Events



最近のブログ記事