ホーム>残間里江子のブログ>【11/6】歩くと冷静に自分のことが考えられますね。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)
プロデューサー
仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年に企画制作会社を設立。雑誌『Free』編集長、出版、映像、文化イベントなどを多数企画・開催。 2005年「愛・地球博」誘致総合プロデューサー、2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録する。2009年には既存の「シニア」のイメージを払拭した新しい「日本の大人像」の創造を目指し、会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。財務省「財政制度等審議会」、文部科学省「生涯学習審議会委員」など行政諸機関の委員を数多く歴任。1998年から10年間、国土交通省「社会資本整備審議会」委員として新河川法制定にも関わる。2007年から男女共同参画推進連携会議議員。男女共同参画に関わる講演も多く、 近著は『もう一度 花咲かせよう』 『閉じる幸せ』


<近著>
『もう一度 花咲かせよう』(中公新書ラクレ)

【11/6】歩くと冷静に自分のことが考えられますね。

2019/11/06 10:30

第4109回
23時01分

3連休に続いて、
和歌山への出張があったことで、
(空白が続いたので)
生島さんのラジオが終わった頃から、
あちこちから連絡が入り、
それぞれに対応しているうちに、
あっという間に、
夕方からの会食時間に、
なってしまいました。
朝、早かったので、
途中少し休もう(寝もう)と、
思っていたのですが、
緊張感がずっと、
持続したままでしたので、
そのまま夜に突入しました。

夕方からの会食での、
話題の中心はラグビーで、
過日女友達に、
付け焼き刃ではありましたが、
教わったルールを思い出しながら、
それでも一応は、
男性陣の話題についていけました。
何事も、
知らないよりは知っていた方が、
楽しい会話になることを実感し、
これからも自分の好悪感情だけで、
ものごとを決めつけないようにしようと、
今夜の楽しいひとときを経て、
心に期しました。

会食会場には、
その前の仕事場所から、
歩いて行ったのですが、
歩きながら、
これから何を為すべきか、
(あるいは「成すべきか」を)
ゆっくり考えました。

「11月からは、
もっと精進しよう!」と、
考えていたのに、
ここまでの6日間、
ズルズル来てしまった自分に対して、
既に「反省」の域をとうに超えて、
「諦観」の域にまで達しそうで、
自分で自分が、
信じられなく(嫌いに)なりそうです。

………とは言っても、
まだ(かろうじてでも)
元気なのですから、
「私にやれることを探して、
あとひと頑張りしなきゃ!」と、
ラグビーのスクラムシーンを、
思い出しながら、
残り少ない私の人生の、
フッカーにならなければと、
誓いを新たにしました。


 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひ見てください。様々な情報を更新しています。(ここをクリック)

残間里江子活動情報

12/7(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~ 」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿さんと司会を務めています。

月刊「清流」
残間里江子対談「人生、まだまだ進行形!」

11/1発売12月号 芳村真理さん

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

毎週日曜日 あさ9時30分~9時55分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

willbe interview



ブログの感想お待ちしています!
電子メールアドレス blog@club-willbe.jpにお送りください。

過去のフォトアルバム

こちら


Projects



Programs & Events



最近のブログ記事