ホーム>残間里江子のブログ>【11/5】………今日はヨレヨレです。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)
プロデューサー
仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年に企画制作会社を設立。雑誌『Free』編集長、出版、映像、文化イベントなどを多数企画・開催。 2005年「愛・地球博」誘致総合プロデューサー、2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録する。2009年には既存の「シニア」のイメージを払拭した新しい「日本の大人像」の創造を目指し、会員制ネットワーク「クラブ・ウィルビー」を設立。財務省「財政制度等審議会」、文部科学省「生涯学習審議会委員」など行政諸機関の委員を数多く歴任。1998年から10年間、国土交通省「社会資本整備審議会」委員として新河川法制定にも関わる。2007年から男女共同参画推進連携会議議員。男女共同参画に関わる講演も多く、 近著は『もう一度 花咲かせよう』 『閉じる幸せ』


<近著>
『もう一度 花咲かせよう』(中公新書ラクレ)

【11/5】………今日はヨレヨレです。

2019/11/05 10:15

第4108回
31時36分

朝9時過ぎの、
新幹線で新大阪へ行き、
特急「くろしお号」に乗り換えて、
和歌山市に向い、
第2回「プレミア和歌山審査会」に、
出席しました。
同じ和歌山市にある、
島精機製作所の取締役会は、
先輩取締役が飛行機になさるので、
私も飛行機にしているのですが、
県の仕事は飛行機とはいかず、
電車になるのです。

最近の規定は知りませんが、
かつて私が地方の委員会などに行く時は、
本州内は飛行機禁止でした。
(北九州は飛行機でOKですが、
下関は電車と決まっていました)
さらに東海道新幹線も、
「のぞみ」は駄目で、
「ひかり」と決まっていました。
公費節約なのでしょうが、
当時LCCなどはありませんでしたから、
「飛行機は高額」という、
イメージだったのでしょう。
地域・地方にこそ、
他地域に住む識者の知恵が必要なのに、
忙しい大学教授などは、
地方の委員を引受けたがりませんでした。
(話がそれました。すみません!)

私は飛行機も電車も好きですが、
大阪(関空)までは短い時間ですから、
飛行機の方が身体はラクです。
でも、今日は秋晴れで、
昔住んでいた富士市から見た富士山が、
先日空の上から見た、
富士山とはひと味違って、
身近なところから、
温かく励ましてくれている気がして、
しばし見つめていました。


【富士山も冬支度です】


【富士川から見た富士山】

さて、
本日の「プレミア和歌山」の審査は、
34品目の食品・飲料で、
生まれて初めて食べたものもあり、
最初聞いた時には、
「食べられるかな?」と、
心配したのですが、
想像していたのとは違って、
ちゃんと食しました。
(まだ審査途中なので、
何だったのかは言えないのですが、
いつかお話ししますね。
みなさまもあまり食べた経験が、
ないのではないかという珍しい食品です)

審査会が終わって、
再び「くろしお号」で新大阪まで戻り、
いったん下車して、
三木谷浩史さんが代表理事を務めている、
新経済連盟の「NEST KANSAI 2019」の、
カンファレンスと、
ネットワーキングパーティーに、
大阪で広告ビジネスを展開している、
友人を誘って出席しました。

カンファレンスは、
最後のプログラムだった、
三木谷さんの講演、
「モバイル・イノベーション〜、
5Gが切り開くビジネスの新展開」しか、
聴けませんでしたが、
ネットワーキングパーティーの方には、
吉村洋文大阪府知事と松井一郎大阪市長、
神戸市の久元喜造市長も来ていて、
2025年の万博を視野に入れて、
規制緩和を基軸に、
「新しい関西を創ろう!」と、
気勢をあげていました。

三木谷さんに声をかけたら、
「あれっ?どうしてここに?」と、
驚いた風でしたが、
「大阪で影響力を持つ友人を、
連れて来たんですよ」と、言うと、
嬉しそうな笑顔を返してくれました。

パーティー会場を途中で抜け出して、
友人と近くの牛タン居酒屋に行き、
(私が「居酒屋好き」ということを、
知っていたので)
焼酎でタン焼きを食べました。
看板に「牛タン居酒屋」と、
書いてはありましたが、
メニューはタンと白菜の漬物だけで、
彼はタンのたたきを小丼一杯と、
タン焼きを5、6枚、
私はタン焼きを11枚と、
白菜の漬物(大好きな古漬)を、
2皿食べました。

明朝は、
生島ヒロシさんのラジオがあるので、
帰りの新幹線の中で、
少し眠ろうと思ったのに、
満腹でそれなりに疲れてもいたのですが、
一向に眠くならないのです。
車窓に映る疲れた顔を、
見るともなしに見ていたら、
空しさを含んだ哀しい気分になりました。
(車内には5人の乗客がいましたが、
女は私一人でした)

品川駅に着くと、
新子安で人身事故があったという、
アナウンスが流れていて、
東海道線と京浜東北線が、
運転を見合わせていました。
こんな時間の「人身事故」………。
駅のアナウンスでの「人身事故」は、
単なる事故ではないことが多いので、
切ない気持でコンコースを歩きました。

電車が運転を見合わせていることが、
関係しているのか、
タクシー乗り場は長蛇の列。
このまま待ったのでは、
30分以上もかかると判断して、
大通りを渡って、
タクシーを拾うことにしました。
ところがこれがなかなか来なくて、
結局家に辿り着いたのは、
23時を過ぎていました。
(本当に「辿り着いた」というのに、
相応しいヨレヨレの帰宅でした)

………只今28時12分。
TBSラジオから資料が送られてくるので、
28時少し前に起きました。
夕べはブログを書く気力もなく、
メイクを落として、
歯を磨いて、
ベッドに倒れ込んでしまいました。
スミマセンどす!



 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひ見てください。様々な情報を更新しています。(ここをクリック)

残間里江子活動情報

12/7(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~ 」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿さんと司会を務めています。

月刊「清流」
残間里江子対談「人生、まだまだ進行形!」

11/1発売12月号 芳村真理さん

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

毎週日曜日 あさ9時30分~9時55分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

willbe interview



ブログの感想お待ちしています!
電子メールアドレス blog@club-willbe.jpにお送りください。

過去のフォトアルバム

こちら


Projects



Programs & Events



最近のブログ記事