ホーム>残間里江子のブログ>【9/20】初めて血圧計を買った夜。独りが身にしみます。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年 株式会社キャンディッド・コミュニケーションズを設立。
雑誌「Free」(平凡社刊)編集長、山口百恵著「蒼い時」の出版プロデュース、 2001年には、栗原はるみさんから小泉総理(当時)まで、各界で活躍する119人のパネリストによる10日間連続大型トークセッション 「大人から幸せになろう」をはじめとする自主企画事業など、映像、文化イベント等を多数企画・開催する。
2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録した。
著書に『もう一度 花咲かせよう』(中公新書ラクレ)『閉じる幸せ』(岩波新書)など。



<近著>
『もう一度 花咲かせよう』(中公新書ラクレ)

【9/20】初めて血圧計を買った夜。独りが身にしみます。

2019/09/20 16:15

第4062回
26時19分

朝、膝が痛むので、
マンションの玄関まで、
タクシーを呼んでもらって、
トラストテックの取締役会に出席し、
帰りもトラストテックに、
隣接するホテルから、
タクシーに乗って、
定例ミーティングに出る為に、
オフィスに行きました。
(ここまでの歩数は、
おそらく2〜3百歩程度でしょう)
16時からは、
テレビ会議で、
島精機製作所の取締役会に出席し、
18時に終わるや、
隣りのミーティングルームで、
ヒロモリと、
今期後半の事業方針の確認をして、
ナカヤマと一緒に、
閉店1時間前の家電量販店に駆け込み、
私は血圧計を購入しました。
(せめて毎朝の自分の血圧は、
知っておこうと思いまして)

ナカヤマは数カ月前から、
研究に研究を重ね、
省エネタイプの、
最新式冷蔵庫を買いましたが、
色と言い、
設えと言い、
とても美しい冷蔵庫です。

ナカヤマは、
若い頃から食材を買うことが、
何よりも好きで、
出産後、働くことを決めたのも、
「財布の中身を気にしないで、
スーパーで食材を買いたかったから」と、
言い切るほどです。

仲良しだった、
故・杉浦日向子さんからは、
「リエちゃん、
40歳を過ぎたら隠居を意識しないとだめよ。
これから先、買い物をする時には、
ダウンサイズをしなきゃね。
テレビも前のが32インチなら24インチ、
戸棚も箪笥もひと回り小さなものに
したほうがいいわよ」と、
言われていましたので、
なるべくそのように心がけてはいますが、
ナカヤマは、
他のものはダウンサイズしても、
冷蔵庫だけは、
大きめのものが買いたいようです。
(庫内が食材でいっぱいの時に、
得も言われぬ幸福を感じるのだそうです)

考えに考えた末、
ナカヤマが決めた冷蔵庫は、
おそらくナカヤマの人生で最も大きく、
最も素敵な冷蔵庫だと思います。
(100歳まで生きたら、
またその時の最新式を買うと思いますが)

………血圧計を抱えて、
家に帰ってきたら、
私の部屋に通じる廊下で、
時々顔を合わせる隣室のご夫婦が、
台車に家財を載せて運んでいる最中で、
「この3連休で引っ越すことになりました。
2人の子どもが大きくなって
手狭になったので東京ベイエリアに、
マンションを購入しまして………。
この間、子どもが、
お騒がせしましてすみません」と、
ご主人がおっしゃったのです。
ええっ?引っ越してしまうのか………。

騒がしいことなど一度もなく、
幼稚園と小学生の2人の、
可愛らしい男の子に会えるのは、
私の楽しみでもあったのです。
先月も兄弟揃って、
四角いリュックを持って、
エレベーターに乗っていたので、
「今日も空手?」と、聞いたら、
(時々空手にも行っているので)
「ううん、今日はコンピュータの、
プログラミングの勉強です」と、言われて、
「凄いなぁ」と感心していたのですが、
その2人ともお別れらしいのです。

そう言えば、
数カ月前まで上の階の子どもが、
時々部屋の中を走り回っていた音も、
しなくなりました。
脚が丈夫なのか、
雷が暴れ回っているような、
ドタバタ・ゴロゴロした、
爆音に近い音だったのですが、
私はそれも楽しみの一つでした。
一度も会ったことはないけれど、
多分元気な男の子なのではないかと想像しては、
「雷小僧」が目を覚ます朝が楽しみだったのです。
その音も静まりました。
どうやら、
こちらも引っ越したらしいのです。

隣室のご夫婦とも、
今夜偶然お会いして、
お話が出来たから、
移転を知ることが出来ましたが、
3連休が終わった時、
隣室が突然、
無人になっているのを知ったら、
淋しかっただろうと思います。

都会の賃貸マンションですから、
こんなことは日常茶飯なのでしょうが、
お互いに、
「どうぞお元気で」と、
言い合えただけでも、
気持がフンワリあたたかくなりました。

明日からの3連休、
私は膝の養生に努めます。


 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひ見てください。様々な情報を更新しています。(ここをクリック)

残間里江子活動情報

YouTube「東海林のり子&岡野あつこ 新大人の時間」
10月のゲストとして出演! 毎週水曜日昼頃更新。
第一回はルーツである宮城県や静岡県、アナウンサー時代を語ります。

10/12(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~ 」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿さんと司会を務めています。

10/22(火・祝) 12時~東京
日経ウェルエイジングフォーラム
「人生100年時代、健康で豊かなシニア時代を拓く」

プロジェクトのキックオフイベント。弘兼憲史さんと対談します。参加無料、要事前申込。

11/12(火) 13時~東京
指定都市市長会シンポジウム「文化芸術立国の実現に向けた指定都市の役割 ~文化芸術がもたらす都市の豊かさ~」

基調講演「文化芸術が持つ力」。参加無料、要事前申込。

月刊「清流」
残間里江子対談「人生、まだまだ進行形!」

10/1発売11月号 中尾ミエさん
11/1発売12月号 芳村真理さん

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

毎週日曜日 あさ9時30分~9時55分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

willbe interview



ブログの感想お待ちしています!
電子メールアドレス blog@club-willbe.jpにお送りください。

過去のフォトアルバム

こちら


Projects



Programs & Events



最近のブログ記事