ホーム>残間里江子のブログ>【9/11】やらなければならないことがあるのに眠くなった時には………。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)

プロデューサー
1950年仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年 株式会社キャンディッド・コミュニケーションズを設立。
雑誌「Free」(平凡社刊)編集長、山口百恵著「蒼い時」の出版プロデュース、 2001年には、栗原はるみさんから小泉総理(当時)まで、各界で活躍する119人のパネリストによる10日間連続大型トークセッション 「大人から幸せになろう」をはじめとする自主企画事業など、映像、文化イベント等を多数企画・開催する。
2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録した。
著書に『もう一度 花咲かせよう』(中公新書ラクレ)『閉じる幸せ』(岩波新書)など。



<近著>
『もう一度 花咲かせよう』(中公新書ラクレ)

【9/11】やらなければならないことがあるのに眠くなった時には………。

2019/09/11 14:00

第4053回
25時51分

今朝は、
4時半に起きるつもりが、
4時前に起きてしまい、
早刷りの新聞コピーを読んで、
6時03分から、
生島さんのラジオに、
電話生出演をしました。
第4次安倍再改造内閣についてと、
芸能や出版などの分野で働く、
フリーランスの人たちの、
パワハラやセクハラについての、
コメントを述べて、
6時10分には終わりました。
6時半に朝食をとってから、
仮眠をするつもりでいたのですが、
どうしても眠れず、
そのまま(今の今まで)起きています。

大阪に行ったり会議が続いたりで、
連絡が出来ずにいた
千葉に住む親しい女友達3人に、
午後オフィスに出る前に、
台風見舞いの連絡を入れました。

家のすぐ裏の小学校が、
避難所になったという木更津に住む友人は、
彼女の家自体は、
何とか無事だったそうですが、
近所のみなさんの停電生活を案じていましたし、
八千代市に住む友人は停電は免れたものの、
強風でガレージの屋根が吹き飛んだそうです。
もう1人はご主人を亡くして間もない人ですが、
何事もなく日常生活を過ごしているそうで、
「近々また会おう」と、
約束をして電話を切りました。
夕方からは会食があり、
23時過ぎに帰宅しました。

………眠くなったり、
(今、まさにそうですが………)
やるべきことがあるのにやれない時は、
机の左端に貼ってある息子の家の、
愛猫たちの写真を見て、
「あとひと頑張りしなければ!」と、
自らに喝を入れています。


【仕事机の周辺には、お気に入りグッズ(?)が、
並んでいます】

 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひ見てください。様々な情報を更新しています。(ここをクリック)

藤間爽子出演情報



桜姫 燃焦旋律隊殺於焼跡
9月10日(火)~9月28日(土)
吉祥寺シアター

残間も鑑賞!
(当日のブログはこちら)


willbe interview



ブログの感想お待ちしています!
電子メールアドレス blog@club-willbe.jpにお送りください。

残間里江子活動情報

10/12(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~ 」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿氏と司会を務めます。

月刊「清流」
残間里江子対談「人生、まだまだ進行形!」

9/1発売10月号 谷村新司さん
10/1発売11月号 中尾ミエさん
11/1発売12月号 芳村真理さん

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

毎週日曜日 あさ9時30分~9時55分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

過去のフォトアルバム

こちら


Projects



Programs & Events



最近のブログ記事