ホーム>残間里江子のブログ>【4/13】年号が変わっても別れがたいものたち。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)

プロデューサー
1950年仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年 株式会社キャンディッド・コミュニケーションズを設立。
雑誌「Free」(平凡社刊)編集長、山口百恵著「蒼い時」の出版プロデュース、 2001年には、栗原はるみさんから小泉総理(当時)まで、各界で活躍する119人のパネリストによる10日間連続大型トークセッション 「大人から幸せになろう」をはじめとする自主企画事業など、映像、文化イベント等を多数企画・開催する。
2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録した。
著書に『もう一度 花咲かせよう 「定年後」を楽しく生きるために』(中公新書ラクレ)『閉じる幸せ』(岩波新書)など。



<4月9日発売 最新刊>
『もう一度 花咲かせよう 「定年後」を楽しく生きるために』(中公新書ラクレ)

【4/13】年号が変わっても別れがたいものたち。

2019/04/13 17:30

第3902回
29時09分

今日は、
衣替え第2弾を断行した。

4週間前に、
某テレビ局の気象予報士が、
「僕はもう冬のコートは、
全部クリーニングに出しました。
みなさんも厚手のコートは、
もう要りませんよ」と、
自信を持って言っていたので、
私もその言葉を信じて、
(でも、生来疑い深い性質なので、
厚めのコート1枚だけは残して)
クリーニング屋さんの「保管コース」に、
(秋口まで返ってこない)
出してしまった。
先週は、
冬物を着用していないと、
耐えられそうにない寒い日があったので、
私もその日を含めて2、3日は、
1枚だけ残した冬コートを着たが、
それも先週末には、
クリーニング屋さんに、
行ってしまったし、
来週以降の予想気温を見ると、
程々に温かくなりそうなので、
「衣替え第2弾」を、
実行することにしたのだ。

4月1日に、
新元号「令和」が公表された時、
まっさきに思ったのは、
平成最後の日までに、
「断捨離第2弾」に踏み切ることだった。

独り暮らしになって、
もう4年にもなるのに、
未だに物が多すぎるのである。
さすがに大きなものはもう買わないが、
いざとなれば処分しやすい、
(粗大ごみになるようなものは買わない)
台所用品を買うのが好きなのである。
特に鍋とフライパンは手軽に買えるので、
20㌢、22㌢、26㌢と3タイプがあるし、
大きな中華鍋や卵焼き用の四角いフライパン、
簡単な揚げものが出来る、
深鍋タイプのフライパンも持っている。

それらを眺めながら、
そろそろ20㌢のものは、
どんなに磨いても底の焦げあとが、
取れなくなっているので、
別れ時かなと思っている。
さらにもう一つ、
20年ほど前にある女優さんから、
勧められて購入した鍋も、
そろそろ役目を果たした感があるので、
平成とともに、
お別れしようかと考えている。

今月に入ってからは、
別れるその日まで、
1回でも多く使おうと、
出来るだけこの2つの器具を使って、
調理をしているのだが、
日に日に、
惜別の念が強くなっている。

先週ナカヤマの実家から、
送ってもらった筍も、
女優さん推奨の鍋で煮込んだし、
野菜炒めや焼きそばを作るには、
小さすぎるのだが、
(具材がこぼれ落ちないよう注意しながら)
20㌢のフライパンを使っているのだが、
使えば使うほど、
「整理」するのが可哀想になって来て、
残留させるかどうか、
気持が揺れている。

………結局、
今日は家から一歩も出なかった。

せっかく体重が、
元に戻りはじめてもいるので、
食事は野菜と初鰹などの魚中心にして、
空腹時には好物のスイカを食べた。
初鰹は既に先々週居酒屋で食べたが、
生協から届いた小玉スイカは初物。
初物を食べると75日長生きすると、
言われているが、
初物1つ毎に75日延命するのだろうか。
(新筍+初鰹+初スイカで225日延命?)

IMG_0914
直径11センチの小玉スイカ。群馬県産「ひとりじめ」1人ですぐ食べきれます。


人も噂も75日………75日は、
昔の暦では1シーズンらしいですね。
女優鍋も小型フライパンも、
次のシーズンまで一緒にいようかな。


 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひ見てください。様々な情報を更新しています。(ここをクリック)

willbe interview



ブログの感想お待ちしています!
電子メールアドレス blog@club-willbe.jpにお送りください。

残間里江子出演情報

8/10(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~ 」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿氏と司会を務めます。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

毎週日曜日 あさ9時30分~9時55分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

過去のフォトアルバム

こちら


Projects



Programs & Events



最近のブログ記事