ホーム>残間里江子のブログ>【3/22】誕生日の余韻も消え、2時間睡眠で和歌山に行き5つの会議に出席してきました。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)

プロデューサー
1950年仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年 株式会社キャンディッド・コミュニケーションズを設立。
雑誌「Free」(平凡社刊)編集長、山口百恵著「蒼い時」の出版プロデュース、 2001年には、栗原はるみさんから小泉総理(当時)まで、各界で活躍する119人のパネリストによる10日間連続大型トークセッション 「大人から幸せになろう」をはじめとする自主企画事業など、映像、文化イベント等を多数企画・開催する。
2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録した。
著書に『もう一度 花咲かせよう 「定年後」を楽しく生きるために』(中公新書ラクレ)『閉じる幸せ』(岩波新書)など。



<4月9日発売 最新刊>
『もう一度 花咲かせよう 「定年後」を楽しく生きるために』(中公新書ラクレ)

【3/22】誕生日の余韻も消え、2時間睡眠で和歌山に行き5つの会議に出席してきました。

2019/03/22 11:45

第3880回
24時36分

夕べはイチローの引退記者会見を、
24時過ぎまで観ていて、
今朝は7時過ぎの飛行機に乗り、
関空経由で和歌山に、
行くことになっていましたので、
目覚まし時計を、
午前4時にセットしたのですが、
午前2時半には、
目が覚めてしまいました。
ここで二度寝は危険なので、
そのまま起きて、
5時50分には家を出て、
羽田に向かいました。
機内で少し眠ろうと思ったのですが、
隣席の男性が、
離陸して水平飛行に移るや、
PCを出して仕事を始めたので、
寝るタイミングを逸して、
新聞を読んでいるうちに
8時40分には、
関空に到着しました。
空港から車で和歌山市に行き、
9時40分には、
島精機製作所の会議室に座っていました。

10時から12時半まで、
もう1人の社外取締役の一柳氏と2人で、
社内取締役2人に、
各1時間ずつ面談をし、
ランチをはさんで、
13時半からは、
新しい人事体系について、
総務部とミーティング、
14時半からは、
新設された「指名・報酬委員会」に出て、
16時から18時までは、
定例の取締役会に出席しました。

取締役会終了後すぐから、
夕食をとりながら社長と面談をして、
19時40分に、
島精機製作所をあとにして、
関空に向い、
21時05分発の飛行機に乗って、
22時20分に羽田着。
東京湾に近い到着ゲートだったので、
空港ビルを出るのに時間がかかり、
家に帰って来たのは、
23時04分になっていました。

家を出てから17時間余。
長〜い1日でした。

明日は「willbe混声合唱団」の、
今期最後の練習日。
レッスンが終わってから、
懇親会が予定されていますので、
(明後日は「Together」の収録があり、
台本に目を通さなければならないのですが)
お昼からの仕事が終わり次第、
スタジオに駆けつけます!


 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひ見てください。様々な情報を更新しています。(ここをクリック)

willbe interview

narisawa.sub okudasub sejima2

ブログの感想お待ちしています!
電子メールアドレス blog@club-willbe.jpにお送りください。

残間里江子出演情報

5/4(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~ 」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿氏と司会を務めます。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

毎週日曜日 あさ9時30分~9時55分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

過去のフォトアルバム

こちら


Projects



Programs & Events



最近のブログ記事