ホーム>残間里江子のブログ>【12/3】新しい「負荷」を考えなきゃ!

毎日更新しています! クラブ・ウィルビー代表 残間里江子ブログ 波乱万丈、ケ・セラ・セラ 残間里江子が出会ったヒト、気になったモノ、体験したコトなどを紹介しています

フォトアルバム

12月7日(金)


平野暁臣さん(中)と中村陽一先生。ニッポン放送「おしゃべりラボ ~しあわせSocial Design」にて。

12月3日(月)


風吹ジュンさんと。


永田町界隈の秋。

11月23日(金)


さだまさしさんと。さださんのInstagramにも私との2ショットを載せていただきました。

11月20日(火)


マラソンの父・金栗四三の言葉を絵文字にした林檎。山形の「歩く旅人」コグチさんからいただきました。

11月17日(土)


湿布だらけの左手。力が入らず、コップも持てません。

11月12日(月)

1542069232062

愛知名物「てばさきいか」で角ハイボール。

11月7日(水)

1541649254705

宇多田ヒカルさんのライブ会場の戸外にあった看板。

1541648951217

株式会社アマナの進藤博信社長と。ニッポン放送「おしゃべりラボ」収録後。

11月3日(土)


宮古上布のポスター。


池間ヨシ子さんが製作した宮古上布。東京で買えば300万円はするようです。


朝から晩まで毎日織り続けて半年余で着物1枚を織り上げます。


昔ながらの製法で作る島豆腐。


石嶺とうふ店の2代目当主山村日出男さんと。


豆腐の型とゆし豆腐と島豆腐。


どしゃ降りです! 雨は写真に写らないのが残念です。


これがホントの今年最後のかき氷。後ろに並んでいるのはお店のオーナーの手作りです。


日本最長の伊良部大橋。無料の橋の中では、です。


最後に2ショットで!

11月2日(金)


与那覇前浜ビーチで拾った貝と石 。さて、どちらがナカヤマでどちらが私の拾った貝&石でしょう?


午後は雨でした! 南の島の雨はオツなものです。


エイサー。ホテルスタッフとは思わず……。


エイサーの獅子。中に入っているのは小学4年生の男の子2人です。


指名されて特別出演したナカヤマ。合唱を始めたお陰でリズム感がよくなりました!


みんなと一緒!

11月1日(木)

1541083786527

宮古島上空。

1541083898091

上空から宮古島を見ました。

1541084077150

この白浜こそが宮古島の宝です。

1541084473284

麺と雑貨とかき氷のお店「ぐるぐるめんや」。

1541084567058

「ぐるぐるめんや」を経営する夫婦には、子どもが7人! 左が店主。右は水野さん。

1541085132203

今年最後のかき氷。

1541084908865

居酒屋のトイレに飾ってあった言葉。

10月30日(火)

1541083121328

和歌山の帰り。富士山がこの角度で見えるのは珍しいのです。

10月29日(月)

1541082857985

紀の川を渡れば間もなく和歌山駅。

10月27日(土)


willbe混声合唱団。特別講師のクミコさんを囲んで。

10月26日(金)


佐藤しのぶさんと。『清流』の対談で。

10月21日(日)


黒柳徹子さん「ライオンのあとで」大阪千秋楽公演。

10月18日(木)


第11期一流塾第6回。左から、講師を務めた斉藤惇特別顧問、一柳良雄塾長、私、福川伸次東洋大学理事長、渡邊五郎元三井物産副社長。

10月17日(水)

1539818768525

生島さんのラジオ「おはよう定食」 「おはよう一直線」にスタジオ生出演。

10月11日(木)

1539818519197

若林覚さんの著書、「私の美術漫歩~広告からアートへ、民から官へ」の出版記念会。

10月9日(火)

1539140182367

「日本ペンクラブ」会長の吉岡忍さんと。ニッポン放送「おしゃべりラボ」収録後。

10月8日(月)

1539041522608

東京競馬場へ直通の京王電鉄競馬場線「府中競馬正門前駅」

1539041651545

駅前にある「黄金の馬」の前で待ち合わせ

1539042715435

特別来賓室の内部。部屋からは馬場が一望できます

1539041853768

馬場の真ん中には子供遊園地が

1539041922534

グリーンはとても美しく爽やかな雰囲気が漂っています

1539042615005

ダートはレースの合間に頻繁に整備

1539042825125

生まれて初めての競馬体験のワクダ。少し勝ちました

1539043015350

ゲストの吉永みち子さんと

1539043096442

「club willbe」特別パドックツアーを開催

1539043146924

パドックの真ん中で記念撮影

1539043229861

購入した馬券。私は「負馬投票券」になりました!

10月1日(火)


「ホテルグレイスリー浅草」の窓外にはスカイツリーが。


朝食レストラン「ボンサルーテ」 ライブキッチンでは出来立て料理を日替わりで調理。


「浅草文化観光センター」の8階から見た浅草寺と仲見世。


雷門交差点付近。右の建物が「浅草文化観光センター」。

【12/3】新しい「負荷」を考えなきゃ!

2018/12/03 10:30

第3770回
28時47分

私ごときの「体調不良」に、
ご心配をおかけして申し訳ありません。
これぞという治療法などを、
お寄せくださいましたみなさま、
ありがとうございました。
一進一退ではありますが、
徐々に良くなってきております。
………今回の「体調不良」は、
私への「戒め」のような気がしています。
いつどうなってもおかしくはない年齢になって、
人より少し多めの持病を抱えているとは言っても、
もっと大きな病気ともっと長い期間、
闘っている方々からみたら、
まだまだ余力はあるのに、
やはり私は「怠けていた」のだと思います。

「仕事こそ生き甲斐」とばかり、
仕事を人生の主軸に据えて、
生きているようなことを言っていますが、
このところの私は、
生煮えというか、中途半端というか、
緩い日々を過ごしていると感じます。
そんな私に、
2018年の最後、
私を見守ってくれている(時に監視している)
大いなる存在が(具体的な神や仏ではなく、
「天」のようなものですね)
私をほとほと「情けない人間」だと思って、
病という形を採って、
「 戒め」をもたらしてくれたのだと、
解釈することにしました。

(親友たちからは「また始まった!
何でも自分のせいだと考えれば、
気がラクになるでしょうからね」と、
言われそうですが………)
今回の体調不良ばかりは、
無理にでも、
「戒め〜バチが当たった」と、
捉えたほうが、
いいと思っているのです。

………実はそう考えるに至ったのは、
昨日の夜のことなのです。
それまでは寄る年波のせいで、
単に「長引いている風邪」だと思っていました。

ところが夕べ……深夜と早朝の狭間、
これまで体験したことのない、
不思議な感覚に見舞われたのです。
痛いところはないのに眩暈というか、
意識がフワ〜ッとして来て、
身体が浮いて、
そのまま消えていくような感じなのです。
その時、
「あゝ、私はこうして死んでいくんだなぁ……」と、
初めて自分が死ぬ瞬間を実感したのです。
淋しくも哀しくも怖くもなかったのですが、
「もう少しちゃんと生きればよかった」という、
悔いを強烈に感じたのです。

夢か現かの一夜を経たからなのか、
朝起きたら、
身体はまだ不完全でしたが、
気持ちだけは、
憑き物が落ちたようにすっきりしていました。

………今日の午後は、
スケジュール的には厳しいのに、
無理して日程を空けてくれた、
風吹ジュンさんと対談をしました。
媒体は先日さだまさしさんと、
対談をした雑誌「清流」なのですが、
出版社が年末進行になるため、
(年末年始は仕事にならないので)
今日やることになったのです。

女優さんと会うのに、
治りかけとは言え(咳はもう出ませんが)
風邪を引いているのは、
あるまじきことなのですが、
今日を外すと、
かなり後になるというので、
敢行させていただいたのです。

風吹さんとは数年前までは、
共通の友人を誘って食事をしたり、
その頃風吹さんが凝っていた、
中国茶を飲みに行ったりしていたのですが、
その後時々連絡を取り合うことはあっても、
ゆっくり話をすることはなかったので、
「対談」という仕事ではありましたが、
久しぶりに色々話しました。
さだまさしさんとの対談もそうでしたが、
編集者から「時間が来ました」と、促されて、
話を終えるほど沢山話をしました。
誌面の関係で掲載できない話が、
あるとは思いますが、
風吹さんの「知られざる生活」に、
触れましたので、
発刊は先になりますが
読んでいただけたら嬉しいです。

一つだけ風吹さんの話の中で、
今の私の心に響く言葉がありましたので、
ちょっとだけご紹介させていただきますね。

直接会うと、
映像や画像で見ている風吹さんより、
さらに若く、しぐさもとても可愛いらしいので、
つい年齢を忘れてしまいますが、
今年66歳になった風吹さんは、
「間もなくやってくる70代を、
どう過ごすかということを考えた時、
自分に『負荷』をかけなければ、
いけないと思って、
難しそうなことに挑戦しています」と、
語ったのです。
風吹さんが、
どんな負荷を自分に課しているかは、
対談記事の中で、
書かれると思いますので、
これ以上は書けませんが、
「自らに負荷をかける」という言葉は、
このところの自分に恥じ入っている、
今の私にとって、
「出会うべくして出会った言葉」という、
気がしました。

私は、
この先も「反省」と「更生」を繰り返しながら、
歩みを前に進めて行くと思いますが、
「怠け心」を退けるためには、
私も折々自分に「負荷」を与えなければと、
強く思いながら帰途につきました。


 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひ見てください。様々な情報を更新しています。(ここをクリック)

willbe interview

sejima2 kunooo kitajou_banner2

ブログの感想お待ちしています!
電子メールアドレス blog@club-willbe.jpにお送りください。

残間里江子出演情報

1/5(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~ 」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿氏と司会を務めます。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

毎週日曜日 あさ9時30分~9時55分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。



プロフィール

残間里江子(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年 株式会社キャンディッド・コミュニケーションズを設立。
雑誌「Free」(平凡社刊)編集長、山口百恵著「蒼い時」の出版プロデュース、 2001年には、栗原はるみさんから小泉総理(当時)まで、各界で活躍する119人のパネリストによる10日間連続大型トークセッション 「大人から幸せになろう」をはじめとする自主企画事業など、映像、文化イベント等を多数企画・開催する。
2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録した。
近著に『閉じる幸せ』(岩波新書)




Projects



Programs & Events



最近のブログ記事