ホーム>残間里江子のブログ>【10/27】「生きていることの幸せ」を噛みしめながら、港区内を駆け巡っていました。

プロフィール


残間里江子
(ざんま・りえこ)

プロデューサー
1950年仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年 株式会社キャンディッド・コミュニケーションズを設立。
雑誌「Free」(平凡社刊)編集長、山口百恵著「蒼い時」の出版プロデュース、 2001年には、栗原はるみさんから小泉総理(当時)まで、各界で活躍する119人のパネリストによる10日間連続大型トークセッション 「大人から幸せになろう」をはじめとする自主企画事業など、映像、文化イベント等を多数企画・開催する。
2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録した。
著書に『もう一度 花咲かせよう 「定年後」を楽しく生きるために』(中公新書ラクレ)『閉じる幸せ』(岩波新書)など。



<4月9日発売 最新刊>
『もう一度 花咲かせよう 「定年後」を楽しく生きるために』(中公新書ラクレ)

【10/27】「生きていることの幸せ」を噛みしめながら、港区内を駆け巡っていました。

2018/10/27 10:30

第3734回
24時08分

今日は、
クミコさんが、
「willbe混声合唱団」の特別講師を、
務めてくださったのですが、
私は14時から、
お世話になった方の、
「米寿のお祝い会」があり、
そちらに参加してから、
スタジオに向かったので、
大分遅い到着となりました。
エレベーターを降りて、
5階のスタジオの前に行くと、
薄く開いた扉の中から、
クミコさんの歌声が聴こえてきました。
「最後だとわかっていたなら」の生歌です。
曲が終わるまで、
扉の外に立っていたのですが、
終わり頃に、
中を覗いたところ、
鏡に映ったメンバーの、
かなりの人たちが泣いていました。

ナカヤマによれば、
レッスンが始まってすぐ、
合唱団がクミコさんの前で、
「最後だとわかっていたなら」を、
歌ったところ、
「何も言うことはないですね」と、
誉めていただいたそうです。
「この歌はとても難しいのですが、
こうして合唱として聴かせてもらうと、
また素晴らしいですね。
今日は教えるというより、
一緒に楽しませていただくということで、
お願いします」と、
クミコさんらしい、
レッスンだったそうです。

私はこのあと、
17時半開演の、
ミュージカル「生きる」を観に、
赤坂ACTシアターに、
行きことになっていましたので、
みなさんに別れを告げて、
タクシーに乗り込みました。

「生きる」は、
1952年に公開された、
黒澤明監督の映画を、
ミュージカル化したもので、
宮本亜門さんが演出を担当しました。
ストーリーは、
癌に罹患して自分の人生が、
残り少ないことを知った男が、
生まれて初めて自分の人生の意味を、
探し始めるといった内容で、
主人公の渡辺勘治役は、
市村正親さんと鹿賀丈史さんが、
ダブルキャストで演じており、
私が観た回は、
市村正親さんでした。

宣伝シートの表紙にもなっている、
小雪が舞う中、
勘治が公園のブランコに、
独りで乗っているシーンは、
作品をシンボリックに表現していて、
そのシーンになった途端、
あちこちからすすり泣きが、
聴こえてきました。

明日は千秋楽で、
チケットは既に完売とか。
「こんなにご好評をいただくことが、
もう少し早く判っていたら、
地方公演も考えられたのですが、
そこまで考えずに、
スタートしてしまったので、
惜しい気がしています。
……でも、おそらくこの分では、
再演も間近ではないかと、
思っています」と、
拍手喝采のフィナーレで、
市村さんが笑顔で話していました。

「最後だとわかっていたなら」と、
「残り少ない命を懸命に生きた男」の話。
そして、親しい人の「米寿のお祝い会」

……「元気溌剌」とは、
言い難い私ではありますが、
こうして生きていられることの幸せを、
噛みしめた一日となりました。


 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひ見てください。様々な情報を更新しています。(ここをクリック)

willbe interview

narisawa.sub okudasub sejima2

ブログの感想お待ちしています!
電子メールアドレス blog@club-willbe.jpにお送りください。

残間里江子出演情報

5/4(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~ 」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿氏と司会を務めます。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

毎週日曜日 あさ9時30分~9時55分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

過去のフォトアルバム

こちら


Projects



Programs & Events



最近のブログ記事