ホーム>残間里江子のブログ>【9/13】ビジネスウーマン今昔物語。

毎日更新しています! クラブ・ウィルビー代表 残間里江子ブログ 波乱万丈、ケ・セラ・セラ 残間里江子が出会ったヒト、気になったモノ、体験したコトなどを紹介しています

フォトアルバム

9月13日(木)

aay

ヴーヴ・クリコ(Veuve Clicquot)のパーティ。

aar

「Veuve Clicquot〜BUSINESS WOMAN AWARD2018」受賞者(中央の二人)と審査委員長の妹島和世さん(右端)。

aat

立正大学経済学部教授で会社経営者でもあるホーマン由佳さんと平田静子さん(右)

9月11日(火)

1536675440592

電通44階会議室から見た東京ベイサイド。

9月9日(日)

kabuki

歌舞伎座で『秀山祭九月大歌舞伎』を観ました。

9月5日(水)

1536152785153

モヒートで気分一新!

9月4日(火)

wa2

プレミア和歌山認定品「竹スピーカー kaguya」を製造するウメダ電器・梅田寛 さんと。

wa

和歌山県観光連盟のイベント「”和みわかやま”東京レセプション2018」。 「プレミア和歌山」のブース。

9月3日(火)

academy

修了証書授与式後の記念撮影。中央の金髪の男性は、津田大介先生。

8月31日(金)


大垣尚司さんのミャンマー土産。

8月28日(火)


栗原はるみさんと。


庭から摘んでお土産にくださったミント。「すぐ水に挿してね。モヒートを作ると美味しいわよ」


すぐにガラス器に移しました。

8月25日(土)

naga

博品館劇場で「しあわせの雨傘」に出演している永島敏行さんと。

8月16日(木)

1534425812164

阿佐谷スパイダースの「MAKOTO」公演後、藤間爽子と。

8月12日(日)


紀伊國屋サザンシアター入り口で「ローリング・ソング」作・演出の鴻上尚史さんと。

8月9日(木)


「willbeサロン」開催。銀座・赤道倶楽部にて。素敵な方々が集まりました。


当日かけつけてマジックを披露してくれた、マジシャン・Shureiさん。

1533097086964

テーブルマジックも好評でした。

8月1日(水)

1533097086964

生島さんのラジオにスタジオ生出演。

7月31日(火)

1533097318350

夏空に映える和歌山城。

1533097156796

帰りの飛行機から。遠くの富士山、見えますか?

7月30日(月)

aaaafafef

アカデミーの参考図書。8月に入ったら読まなきゃ!

7月29日(日)

mitsu1

三屋裕子さんの「生誕60周年記念」パーティー。

mitsu2

三屋さんとのツーショット。

mitsu3

バレーボールとバスケットボールのデコレーション付きバースデーケーキ。

7月27日(金)

sunset

台風接近前夜の「不気味なほど美しい夕焼け」

7月23日(月)

1532394907191

恥ずかしながら……私の講座の修了証です。

7月20日(金)

0721

サンシティ銀座EASTにて。中央はクミコさん。向かって左は、「アカシアの雨がやむとき」の作詞者、故・水木かおるさんの令夫人。

1532080854388

サンシティ銀座EASTからの眺望(眼下に隅田川)。

7月18日(水)


「玉村豊男作品展 初夏編」パレットギャラリー麻布十番で7/22まで開催中。

7月11日(水)


女優・藤間爽子の初舞台「半神」

f5b49ee7bd5d79

「半神」終演後の藤間爽子。左は父・藤間文彦さん。

7月9日(月)

1531180100116

神津はづきさんと。神津さんの新ブランド「Petit Tailor R-60」の内覧会にて。

7月5日(木)

tama

シンガー・ソングライターで社会活動家の玉城ちはるさんと。

7月4日(水)

s

写真展会場入り口に置かれた椎名さんの挨拶状。

6月29日(金)


「行幸マルシェ」で永島敏行さんと。

6月25日(月)


久しぶりの「willbeサロン」 会場は北参道「アトリエ レ・カイユ」。



オーナーシェフ&ソムリエの山下史樹さんと。

6月21日(木)


真ん中が株式会社ミライロ代表取締役の垣内俊哉さん。 ニッポン放送「おしゃべりラボ」にて。


NHKラジオ第一「どよう楽市」同窓会。

6月16日(土)

初夏の花々。世田谷区代沢付近









6月13日(水)


TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食・一直線」のみなさんと。

6月9日(土)


山本寛斎さん監督/総指揮の「元氣をあなたに着せまSHOW!! ~日本元気プロジェクト2018エネルギー!!~」


会場は六本木ヒルズアリーナ。


ショーに友情出演した岡本行夫さん、ラモス瑠偉さん。

6月3日(日)

1528099370360

キャンディッドの元スタッフ・安藤さんが働くロームシアター。この美しいホールは2000人収容のメインホール

6月2日(土)

IMG_0451

泉水麻美さん(左)と共同で展覧会を行った2人の女性ガラス工芸家と。

IMG_0444

展示されていた作品の数々

5月29日(火)

1527667678714

「和歌山県知事表彰」式典に出席。

1527667688701

頂いた表彰状と記念品(私の名前が彫られた銀杯)

5月26日(土)


「六本木アートナイト2018」 6月27日まで開催中。


六本木ヒルズアリーナの作品「影ワニ」。宮本宗さん作。


毛利庭園。


池には、三枝文子さんの作品「踊るランタン」


カルガモの姿も。


サントリーウイスキー「響」 ART OF BLENDING


六本木ヒルズの大屋根プラザにエレガントに並ぶグラス。

5月18日(金)


「健康寺子屋 10周年感謝の夕べ」


特別顧問・三屋裕子さんの挨拶。


サプライズで、感謝状をいただきました。


三屋さん、健康寺子屋講師の皆さんと。

5月16日(水)

1526540217061

猪瀬直樹さんの婚約式へ


パーティーには2人の友人・知人が大勢出席。司会はテリー伊藤さんでした。



パーティー会場に隣接するギャラリーでは蜷川さんの展覧会開催中。


主役の猪瀬直樹さんと。


お礼状のサインは直筆でした。

5月3日(木)

1525678876401

「MIDTOWN HIBIYA」へ。シンボルオブジェの“Flora(フローラ)”ちゃん。

1525678819977on

六本木ヒルズのシンボル・蜘蛛の彫刻「ママン」がテキスタイルアーティスト、マグダ・セイエグの手により期間限定で彩られています。5/27まで展示中。

4月25日(水)


島精機製作所取締役会。イタリア、東京、和歌山で三元中継。

【9/13】ビジネスウーマン今昔物語。

2018/09/13 10:45

第3690回
34時26分

最近は、
どうしても行かなければならない、
パーティー以外は、
ご遠慮していたのですが、
今日は、
親しくしている平田静子さんから、
お誘いを受けたのと、
パーティーの趣旨が、
「Veuve Clicquot〜
BUSINESS WOMAN AWARD2018」
というものだったので、
最近の出不精を反省しつつ、
一度家に帰って、
着替えをしてから出かけました。
ヴーヴ・クリコは、
みなさまもよくご存知の、
シャンパンですが、
これは実業家の夫が早生したため、
27歳で未亡人となった、
マダム・クリコが夫の遺志を継いで、
トップに就任して、
メゾン経営に乗り出し、
世に広めたものです。
(因に「ヴーヴ」というのは、
「未亡人」という意味です)

マダム・クリコは、
大胆かつインテリジェントな、
性格と先見性、優れた洞察力、
革新性、不屈の精神で、
「only one quality、the finest」
(品質はただ1つ、最高級だけ)という、
信念を掲げ、
大陸の通商禁止を乗り越えた市場開拓や、
自らセラーに閉じこもって創り上げた、
生産技術の発明など、
今でもシャンパーニュ地方で、
「ラ・グランダム」(偉大なる女性)と、
呼ばれている女性です。

女性がビジネスを展開することが難しい、
19世紀という時代に、
古くからの制度や習慣、方法論から脱して、
革新的なビジネスを成功させた、
マダム・クリコにオマージュを捧げ、
マダム・クリコを体現している、
女性たちに贈られる賞が、
「BUSINESS WOMAN AWARD 」なのです。

今年受賞したのは、
東日本大震災後、
宮城県気仙沼(Kesennuma)を、
世界に向けて発信しようと、
「株式会社気仙沼ニッティング」を設立し、
代表取締役に就任した、
御手洗瑞子(たまこ)さんと、
キュレーターという仕事が、
確立していなかった時代から、
(とりわけ女性の職業として認知されるのは、
とても困難な時代から)
海外でのキュレーター活動をはじめとして、
東京藝大の教授として、
若いキュレーターを育成するなど、
現代アートの普及に、
大きな影響を与えている、
長谷川祐子さんのお2人でした。

御手洗さんは、
東大経済学部を卒業後、
マッキンゼーに入社。
さまざまなクライアントとの、
仕事を経験して、
2010年には、
経済的自立が課題になっていた、
ブータンへ渡り、
初代首相フェローとして、
産業育成に従事したという、
経歴の持ち主です。
東日本大震災を機に帰国して、
気仙沼で漁師やその家族が、
航海の無事を祈って編んできた、
「フィッシャーマンズ・セーター」の、
伝統に目をつけて、
伝統に現代のデザインセンスを加え、
高品質の商品として、
「手編み」という付加価値をつけて、
事業を成功に導いています。

長谷川さんは、
東京藝大大学院を修了後、
水戸美術館、ホイットニー美術館、
世田谷美術館で活動してきた人で、
私もアート系の委員会でご一緒したことがあり、
折々の活動は見ていましたが、
常に進むべき道を地道かつ丁寧に、
切り拓いている印象を受けていました。

審査委員長は、
建築家の妹島和世さんで、
「人前で話すのは苦手」と、
聞いていましたが、
講評を含めて、
実に堂々とした審査委員長の、
スピーチでした。

妹島さんとは、
来月「club willbe」の、
HPインタビューで、
お会いすることになっているので、
挨拶をしましたが、
お母さまの洋服を「改造」したという、
素敵なドレス姿でした。

パーティーの趣旨も、
受賞した女性たちにも、
刺激を受けましたが、
同時に、
会場の恵比寿ガーデンプレイスの、
「ガストロノミージョエル・ロブション」に、
集まった日本のビジネスウーマンたちの、
あまりの様変わりに驚きました。
ほとんどが起業家ですが、
みな若く、そして美しいのです。

「時代が変わった感じよね。
みんな『仕事!仕事!』と、
肩に力が入っていないし、
経歴をみれば、
それぞれ大したものだし、
ヴーヴ・クリコの会社の役員と、
普通に英語で話していたわよ。
結婚も子育ても、
難なくこなしている感じよね。
それにしても、
とにかくみんなキレイ!」と、
私を誘ってくれた平田さんが言います。
(「キレイ!」という言葉には、
ひときわアクセントが置かれていました)

私も思わず、
「ホント、話をするとみんな賢くて、
しっかりしているし、
それでいてみんな雰囲気がやわらかいわよね。
怒鳴らんばかりの勢いで、
必死の形相で働いてきた私たちとは、
一線を画するわね」と、同調すると、
平田さんは
「私は『声高系』だったからなぁ………。
毎日『さぁ、頑張ろう!頑張らなくちゃ!』って、
髪振り乱しながら自らを鼓舞して………」と、
私より1歳だけ年長の平田さんは、
遠くを見るような視線で語ります。
「時代も時代だったけれど、
私も常に『根性路線』で生きてきたからねぇ。
こんなにカッコよくは、
出来なかったよねぇ」と、
私も怒濤のように「過ぎ去った日々」を、
しみじみ思い出していました。

シャンパンの酔いも手伝ってか、
最後は、
「まぁ、この中から何人が、
古稀近くまでカッコよく働いていられるか、
楽しみ(見もの)でもあるよね。
これから家庭の中でもいろいろあるだろうし、
世の中にしたって、
いつまでも『女性活躍推進』ではないし、
若さだっていずれは劣化するしね」と、
いった類いの、
ジェラシー混じりの「オバサントーク」に、
なってしまったのですが、
「いけない、いけない!!
これじゃ、私たち姑根性丸出しじゃないの。
今日は私たちの世代は来ていないけれど、
(多分平田さんが最年長で私がその次あたり)
私たちもまだ仕事をしているのだから、
応援できるところは応援しましょうよ。
そのためには彼女たちに、
『あなた達ロートルの応援なんか、
要りません』と、言われないように、
頑張らなきゃね」と、
相変わらず「頑張り路線」の二人は、
新たに注がれたシャンパンで、
乾杯をしたのでした。

………とは言え、
私たちロートルビジネスウーマンも、
沢山のヤングビジネスウーマンに取り囲まれて、
「この企画、どう思います?」とか、
「お二人のご本は読ませていただきました」
「先輩方がいらしたから、
私たちの道が拓けたんだと思います」などと、
声を掛けられて、
逆に、
励まされて(慰められて?)も、
いたのですが………。


 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひ見てください。様々な情報を更新しています。(ここをクリック)

 『神田川』の作詞家、喜多條忠さんがwillbeインタビューに登場!(ここをクリック)
makoto

willbe interview

tokura2 加藤タキさん2 teidan2

ブログの感想お待ちしています!
電子メールアドレス blog@club-willbe.jpにお送りください。

残間里江子出演情報

10/6(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~ 」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿氏と司会を務めます。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

毎週日曜日 あさ9時30分~9時55分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎日新聞・毎週金曜夕刊連載中
毎日新聞・夕刊の金曜日のコーナー「人生は夕方から楽しくなる」内でコラム連載中。
タイトル「もう一度花咲かせよう」



プロフィール

残間里江子(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年 株式会社キャンディッド・コミュニケーションズを設立。
雑誌「Free」(平凡社刊)編集長、山口百恵著「蒼い時」の出版プロデュース、 2001年には、栗原はるみさんから小泉総理(当時)まで、各界で活躍する119人のパネリストによる10日間連続大型トークセッション 「大人から幸せになろう」をはじめとする自主企画事業など、映像、文化イベント等を多数企画・開催する。
2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録した。
近著に『閉じる幸せ』(岩波新書)




Projects



Programs & Events



最近のブログ記事