ホーム>残間里江子のブログ>【1/22】大雪の中で………。

毎日更新しています! クラブ・ウィルビー代表 残間里江子ブログ 波乱万丈、ケ・セラ・セラ 残間里江子が出会ったヒト、気になったモノ、体験したコトなどを紹介しています

フォトアルバム

9月13日(木)

aay

ヴーヴ・クリコ(Veuve Clicquot)のパーティ。

aar

「Veuve Clicquot〜BUSINESS WOMAN AWARD2018」受賞者(中央の二人)と審査委員長の妹島和世さん(右端)。

aat

立正大学経済学部教授で会社経営者でもあるホーマン由佳さんと平田静子さん(右)

9月11日(火)

1536675440592

電通44階会議室から見た東京ベイサイド。

9月9日(日)

kabuki

歌舞伎座で『秀山祭九月大歌舞伎』を観ました。

9月5日(水)

1536152785153

モヒートで気分一新!

9月4日(火)

wa2

プレミア和歌山認定品「竹スピーカー kaguya」を製造するウメダ電器・梅田寛 さんと。

wa

和歌山県観光連盟のイベント「”和みわかやま”東京レセプション2018」。 「プレミア和歌山」のブース。

9月3日(火)

academy

修了証書授与式後の記念撮影。中央の金髪の男性は、津田大介先生。

8月31日(金)


大垣尚司さんのミャンマー土産。

8月28日(火)


栗原はるみさんと。


庭から摘んでお土産にくださったミント。「すぐ水に挿してね。モヒートを作ると美味しいわよ」


すぐにガラス器に移しました。

8月25日(土)

naga

博品館劇場で「しあわせの雨傘」に出演している永島敏行さんと。

8月16日(木)

1534425812164

阿佐谷スパイダースの「MAKOTO」公演後、藤間爽子と。

8月12日(日)


紀伊國屋サザンシアター入り口で「ローリング・ソング」作・演出の鴻上尚史さんと。

8月9日(木)


「willbeサロン」開催。銀座・赤道倶楽部にて。素敵な方々が集まりました。


当日かけつけてマジックを披露してくれた、マジシャン・Shureiさん。

1533097086964

テーブルマジックも好評でした。

8月1日(水)

1533097086964

生島さんのラジオにスタジオ生出演。

7月31日(火)

1533097318350

夏空に映える和歌山城。

1533097156796

帰りの飛行機から。遠くの富士山、見えますか?

7月30日(月)

aaaafafef

アカデミーの参考図書。8月に入ったら読まなきゃ!

7月29日(日)

mitsu1

三屋裕子さんの「生誕60周年記念」パーティー。

mitsu2

三屋さんとのツーショット。

mitsu3

バレーボールとバスケットボールのデコレーション付きバースデーケーキ。

7月27日(金)

sunset

台風接近前夜の「不気味なほど美しい夕焼け」

7月23日(月)

1532394907191

恥ずかしながら……私の講座の修了証です。

7月20日(金)

0721

サンシティ銀座EASTにて。中央はクミコさん。向かって左は、「アカシアの雨がやむとき」の作詞者、故・水木かおるさんの令夫人。

1532080854388

サンシティ銀座EASTからの眺望(眼下に隅田川)。

7月18日(水)


「玉村豊男作品展 初夏編」パレットギャラリー麻布十番で7/22まで開催中。

7月11日(水)


女優・藤間爽子の初舞台「半神」

f5b49ee7bd5d79

「半神」終演後の藤間爽子。左は父・藤間文彦さん。

7月9日(月)

1531180100116

神津はづきさんと。神津さんの新ブランド「Petit Tailor R-60」の内覧会にて。

7月5日(木)

tama

シンガー・ソングライターで社会活動家の玉城ちはるさんと。

7月4日(水)

s

写真展会場入り口に置かれた椎名さんの挨拶状。

6月29日(金)


「行幸マルシェ」で永島敏行さんと。

6月25日(月)


久しぶりの「willbeサロン」 会場は北参道「アトリエ レ・カイユ」。



オーナーシェフ&ソムリエの山下史樹さんと。

6月21日(木)


真ん中が株式会社ミライロ代表取締役の垣内俊哉さん。 ニッポン放送「おしゃべりラボ」にて。


NHKラジオ第一「どよう楽市」同窓会。

6月16日(土)

初夏の花々。世田谷区代沢付近









6月13日(水)


TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食・一直線」のみなさんと。

6月9日(土)


山本寛斎さん監督/総指揮の「元氣をあなたに着せまSHOW!! ~日本元気プロジェクト2018エネルギー!!~」


会場は六本木ヒルズアリーナ。


ショーに友情出演した岡本行夫さん、ラモス瑠偉さん。

6月3日(日)

1528099370360

キャンディッドの元スタッフ・安藤さんが働くロームシアター。この美しいホールは2000人収容のメインホール

6月2日(土)

IMG_0451

泉水麻美さん(左)と共同で展覧会を行った2人の女性ガラス工芸家と。

IMG_0444

展示されていた作品の数々

5月29日(火)

1527667678714

「和歌山県知事表彰」式典に出席。

1527667688701

頂いた表彰状と記念品(私の名前が彫られた銀杯)

5月26日(土)


「六本木アートナイト2018」 6月27日まで開催中。


六本木ヒルズアリーナの作品「影ワニ」。宮本宗さん作。


毛利庭園。


池には、三枝文子さんの作品「踊るランタン」


カルガモの姿も。


サントリーウイスキー「響」 ART OF BLENDING


六本木ヒルズの大屋根プラザにエレガントに並ぶグラス。

5月18日(金)


「健康寺子屋 10周年感謝の夕べ」


特別顧問・三屋裕子さんの挨拶。


サプライズで、感謝状をいただきました。


三屋さん、健康寺子屋講師の皆さんと。

5月16日(水)

1526540217061

猪瀬直樹さんの婚約式へ


パーティーには2人の友人・知人が大勢出席。司会はテリー伊藤さんでした。



パーティー会場に隣接するギャラリーでは蜷川さんの展覧会開催中。


主役の猪瀬直樹さんと。


お礼状のサインは直筆でした。

5月3日(木)

1525678876401

「MIDTOWN HIBIYA」へ。シンボルオブジェの“Flora(フローラ)”ちゃん。

1525678819977on

六本木ヒルズのシンボル・蜘蛛の彫刻「ママン」がテキスタイルアーティスト、マグダ・セイエグの手により期間限定で彩られています。5/27まで展示中。

4月25日(水)


島精機製作所取締役会。イタリア、東京、和歌山で三元中継。

【1/22】大雪の中で………。

2018/01/22 10:30

第3455回
34時41分

今日は、
JR東日本とclub willbeの共催企画、
「大人世代の実践健康セミナー」が、
開催されることになっていたので、
昨晩から気象予報が気になって、
4時半には目が覚めてしまいました。

今回のテーマは、
「大人世代の泌尿器の悩み、
頻尿・尿もれ・前立腺がん」について、
日本大学板橋病院副院長で泌尿器科部長の、
高橋悟先生を講師にお迎えしました。
高橋先生とは、
数年前に私を泌尿器学会の講演会に、
招いてくださったのがご縁で、
親しくさせていただいているのですが、
天皇陛下の前立腺がんの手術にも、
立ち会われたプロ中のプロのドクターです。

最近は、
テレビCMなどでも、
「尿もれ」とか、
「UUI(切迫性尿失禁)」という言葉が、
日常的に聞かれるようにも、
なりましたから、
以前のような「タブー感」は、
大分薄れてきましたが、
それでも泌尿器に関して、
専門の先生から、
網羅的なお話を伺うという機会は、
あるようでないことなので、
テーマに選ばせていただきました。

お忙しい高橋先生に、
時間を割いていただいたことでもありますし、
何とか実施したいとは思ったのですが、
昨日からさかんに「東京都内も大雪になります」と、
予報が出ていましたので、
(最近は気象予報が深刻な割には、
結果大したことがなかったということも、
多いような気もしていましたが……)
曇り空を見ながら、
思案にくれていたのです。

とは言え、
いくら何でも朝の5時に、
ヒロモリに電話をするのは躊躇われ、
待ちに待って(?)
6時55分に連絡を入れたら、
ヒロモリも心配していたようで、
すぐに電話に出て、
「今のところ、
JR東日本さんからは、
中止という連絡はありません。
始業時間になったら、
こちらから電話をしてみます」ということで、
またしばし待つことにしました。
ほどなくヒロモリから電話が来て、
「中止にするかどうか、
目下JR東日本さんと協議中です」とのこと。
電車の運行状況などをみながら、
熟慮してくださっているようでした。

10時になると、
参加予定の方からキャンセルの、
ご連絡が入りはじめました。
(律義な方が多く、感激しました)

JR東日本の担当者の方は、
「何と言っても安全第一の、
JR東日本ですので、
ずいぶん考えましたが、
ご自身やご家族がご病気を抱えている方は、
何としてでもお話を伺いたいと、
思っていらっしゃるようで、
今朝から『こんな天候ですので、
もしかしたらキャンセルなさる方が、
いらっしゃるのではないかと思いまして。
もし席がありましたら、
入れていただけないでしょうか』という、
抽選にもれた方から、
お問い合わせの電話を頂戴してもいるのです。
少ない人数になって、
先生には申し訳ないかもしれませんが、
14時なら電車は動いていると思いますから、
実施することに決めました」と、
各方面に気を配りながら、
決断された胸の内を語ってくれました。

開場の13時半前には、
何人かの方がおいでくださり、
最終的には、
約7割の方がご参加くださいました。
高橋先生のお話は大変解りやすく、
参加者の緊張感(あるいは羞恥心)を、
取り除いてくださる配慮から、
登山が趣味の先生がお撮りになった、
美しい山々の写真を、
スライドの中に折り込んで、
図やイラストを(さすがに実写は使えないので、
イラストにして)丁寧に説明くださいました。

泌尿器の話は、
本来は男性と女性とでは、
器官が違いますから、
男性の排尿困難と女性の失禁とが、
一緒に語られることは、
ほとんどないそうですし、
排尿にまつわることと、
前立腺がんの両方を、
診ている先生も少ないらしく、
短い時間ではありましたが、
多角的な角度から、
泌尿器疾患を学ぶことが出来ました。

先生は実例を出して症状と対処法を、
詳しく説明くださいましたが、
臆することなく病院へ行けば、
大抵のことは解決するということが判りましたし、
排尿疾患も前立腺がんも、
今や治療法も施術法も急速に変わっていて、
最後にロボットによる、
前立腺がん手術の様子を、
動画で見せてくださいましたが、
(基本的には先生がロボットに、
指示を出すのですが)
実に見事な手術でした。

「主人が前立腺がんなのですが、
どんな状態なのか聞いても、
『お前に言ったって解らないから』と、
何も言ってくれないのです。
今日先生のお話を聴かせていただいて、
よく解りましたし安心もしました」と言って、
お帰りになった女性が、
3人ほどいらっしゃいましたし、
「ちょっと調子が悪いので、
今度病院へ行きます」と、
笑顔で帰られた男性もいらっしゃいました。

ご講演が終わり、
高橋先生をお見送りして、
会場の片づけを済ませて外に出たら、
来る時はまだ積もっていなかったのに、
辺り一面雪に覆われていました。
ようやくタクシーを捕まえて、
会社に帰りましたが、
夕方になったら、
駅内の入場規制の報が届いたので、
ヒロモリ、ナカヤマ、ヤマモトを誘って、
開いている店で食事をして、
駅が空くのを待ちました。

私は、
歩いて帰れば家まで30分弱なのですが、
転ぶと危ないので、
(左目が見えないこともあって、
小さい時からよく転ぶのです)
地下鉄を乗り継いで、
帰ることにしました。
ところが、
乗り継ぎホームでの、
入場制限にひっかかったり、
地下通路で押し流されるように
歩いて行ったら、
家から遠い方の出口に出てしまったりで、
結局、家まで60分弱かかりました。

駅から家までの大通りは、
帰途につく若者たちであふれていました。
大雪で帰宅困難だというのに悲壮感はなく、
まるでお気に入りのアーティストの、
コンサートにでも行く人たちのような、
活気に満ちていました。
(若い人にとっては、
大雪も「雪祭り」のような、
気分なのかもしれません)

家に辿り着いたら、
満員の地下鉄で、
もみくちゃになったバッグから、
父の形見の小銭入れに付けたお守りが
顔を出していました。
「何故?お守りが?」と、思いながら、
バッグの中を見たら、
小銭入れだけがなくなっていました。

駅の階段で落としたのか、
駅から家までの、
若者たちで賑わっていた雪道で、
落としたのか。

「紛失物は厄落とし」と、
考えるようにしている私ですが、
この小銭入れの紛失には、
哀しい気持ちが募ります。
尤も、
駅の長い階段や雪道で、
転倒しなかったことを考えれば、
(膝を打ったら大変でしたから)
父の小銭入れが、
守ってくれていた(厄落としをしてくれた)
のかもしれません。


 クラブ・ウィルビーのホームページもぜひ見てください。様々な情報を更新しています。(ここをクリック)

makoto

willbe interview

tokura2 加藤タキさん2 teidan2

ブログの感想お待ちしています!
電子メールアドレス blog@club-willbe.jpにお送りください。

残間里江子出演情報

10/6(土) よる11時~12時00分
BS-TBS「Together~だれにも言えないこと~ 」

あなたの悩みにTogetherならではの相談員が答えます! 残間は社会学者の古市憲寿氏と司会を務めます。

毎週土曜日 あさ7時40分~8時
ニッポン放送「おしゃべりラボ~しあわせSocial Design~」

私たちの暮らしをちょっと明るくする仕組みをゲストの方をお迎えしながら楽しくご紹介していきます。

毎週日曜日 あさ9時30分~9時55分
文化放送「大垣尚司・残間里江子のおとなファンクラブ」

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

毎日新聞・毎週金曜夕刊連載中
毎日新聞・夕刊の金曜日のコーナー「人生は夕方から楽しくなる」内でコラム連載中。
タイトル「もう一度花咲かせよう」



プロフィール

残間里江子(ざんま・りえこ)
プロデューサー
1950年仙台市生まれ。アナウンサー、雑誌記者、編集者を経て、1980年 株式会社キャンディッド・コミュニケーションズを設立。
雑誌「Free」(平凡社刊)編集長、山口百恵著「蒼い時」の出版プロデュース、 2001年には、栗原はるみさんから小泉総理(当時)まで、各界で活躍する119人のパネリストによる10日間連続大型トークセッション 「大人から幸せになろう」をはじめとする自主企画事業など、映像、文化イベント等を多数企画・開催する。
2007年には「ユニバーサル技能五輪国際大会」総合プロデューサーを務め、29万人を超える来場者を記録した。
近著に『閉じる幸せ』(岩波新書)




Projects



Programs & Events



最近のブログ記事