ホーム>Member News>サポーティングメンバー一覧>坂村健

坂村健

INIAD(東洋大学情報連携学部)学部長/東京大学名誉教授

1951年東京生まれ。
IEEEライフ・フェロー、ゴールデンコアメンバー。オープンなコンピュータアーキテクチャTRONを構築、現在TRONは米国IEEEの標準OSとなり、IoTのための組込OSとして携帯電話の電波制御をはじめとして家電製品、オーディオ機器、デジタル機器、住宅設備、ビル設備、都市制御、車のエンジン制御、ロケット、宇宙機の制御など世界中で使われている。

2015年、国際電気通信連合(ITU)より「ITU150アワード」を受賞。
2006年日本学士院賞。
2003年紫綬褒章。

著書に『DXとは何か』、『IoTとは何か』(角川新書)、『イノベーションはいかに起こすか』(NHK出版新書)など多数。

サポーティングメンバー活動情報一覧

willbe Interview

Programs & Events

坂村健
INIAD(東洋大学情報連携学部)学部長/東京大学名誉教授
1951年東京生まれ。IEEEライフ・フェロー、ゴールデンコアメンバー。オープンなコンピュータアーキテクチャTRONを構築、現在TRONは米国IEEEの標準OSとなり、IoTのための組込OSとして携帯電話の電波制御をはじめとして家電製品、オーディオ機器、デジタル機器、住宅設備、ビル設備、都市制御、車のエンジン制御、ロケット、宇宙機の制御など世界中で使われている。

2015年、国際電気通信連合(ITU)より「ITU150アワード」を受賞。2006年日本学士院賞。2003年紫綬褒章。

著書に『DXとは何か』、『IoTとは何か』(角川新書)、『イノベーションはいかに起こすか』(NHK出版新書)など多数。
/files/2021/10/f616d2a0122d7d.jpg