ホーム>Member News>サポーティングメンバー一覧>中村陽一

中村陽一

立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授/社会デザイン研究所所長

一橋大学社会学部卒業。(株)新評論編集部、日本生協連総合指導本部等を経て、非営利ネットワーク型シンクタンク・消費社会研究センター設立、代表。東京大学社会情報研究所客員助教授、都留文科大学文学部助教授、同教授を経て現職。立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科委員長、同独立研究科運営部長等を歴任。

80年代半ばより現場と往復しつつ市民活動・NPO/NGOの実践的研究、基盤整備、政策提言に取り組み、最近では、民間と経済産業省とのパートナーシップ型組織であるソーシャルビジネス推進イニシアティブ座長を務めた後、民間の経済団体として創設された一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク常任顧問として精力的に動いている。
また、地域連携や民学産官協働によるまちづくり、コミュニティデザイン、社会デザインの専門家でもある。

現在、NPOサポートセンター理事、市民社会創造ファンド運営委員、さいたまNPOセンター代表理事、ゼファー池袋まちづくり顧問、21世紀社会デザインセンター顧問[以上NPO法人]、公益財団法人パブリックリソースセンター評議員、一般社団法人日本シティズンシップ教育フォーラム運営委員など。日本NPO学会発起人・前理事、日本ボランティア学会副代表、社会デザイン学会副会長。座・高円寺「劇場創造アカデミー」講師。

編著・共著に『日本のNPO/2001』『日本のNPO/2000』『21世紀型生協論』(以上、日本評論社)、『都市と都市化の社会学』(岩波書店)、『アンペイド・ワークとは何か』(藤原書店)、『非営利・協同セクターの理論と現実』(日本経済評論社)、『NPO!? なんのため だれのため―NPOとまちづくり』(時事通信社)、『アメリカのNPO』(第一書林)、『多元的共生を求めて―市民の社会をつくる』(東信堂)、『3・11後の建築と社会デザイン』(平凡社新書)、『クリエイティブ・コミュニティ・デザイン』(フィルムアート社)他多数。

サポーティングメンバー活動情報一覧

willbe Interview

Programs & Events

中村陽一
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授/社会デザイン研究所所長
一橋大学社会学部卒業。(株)新評論編集部、日本生協連総合指導本部等を経て、非営利ネットワーク型シンクタンク・消費社会研究センター設立、代表。東京大学社会情報研究所客員助教授、都留文科大学文学部助教授、同教授を経て現職。立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科委員長、同独立研究科運営部長等を歴任。

80年代半ばより現場と往復しつつ市民活動・NPO/NGOの実践的研究、基盤整備、政策提言に取り組み、最近では、民間と経済産業省とのパートナーシップ型組織であるソーシャルビジネス推進イニシアティブ座長を務めた後、民間の経済団体として創設された一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク常任顧問として精力的に動いている。
また、地域連携や民学産官協働によるまちづくり、コミュニティデザイン、社会デザインの専門家でもある。

現在、NPOサポートセンター理事、市民社会創造ファンド運営委員、さいたまNPOセンター代表理事、ゼファー池袋まちづくり顧問、21世紀社会デザインセンター顧問[以上NPO法人]、公益財団法人パブリックリソースセンター評議員、一般社団法人日本シティズンシップ教育フォーラム運営委員など。日本NPO学会発起人・前理事、日本ボランティア学会副代表、社会デザイン学会副会長。座・高円寺「劇場創造アカデミー」講師。

編著・共著に『日本のNPO/2001』『日本のNPO/2000』『21世紀型生協論』(以上、日本評論社)、『都市と都市化の社会学』(岩波書店)、『アンペイド・ワークとは何か』(藤原書店)、『非営利・協同セクターの理論と現実』(日本経済評論社)、『NPO!? なんのため だれのため―NPOとまちづくり』(時事通信社)、『アメリカのNPO』(第一書林)、『多元的共生を求めて―市民の社会をつくる』(東信堂)、『3・11後の建築と社会デザイン』(平凡社新書)、『クリエイティブ・コミュニティ・デザイン』(フィルムアート社)他多数。
/files/2018/06/f5b1dc835e057e.jpg