ホーム>Member News>サポーティングメンバー一覧>久田恵

久田恵

ノンフィクション作家

1947年生まれの団塊世代。上智大学文学部を中退し、さまざまな仕事を経て、女性誌のライターに。日経ウーマンの創刊に立ち合う。'90年『フイリッピーナを愛した男たち』(文藝春秋)で、第21回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。子どもの不登校に関する親子同時ドキュメント『息子の心、親知らず』で平成9年度文藝春秋読者賞受賞。
主な著書に、『ニッポン貧困最前線-ケースワーカーと呼ばれる人々』(文藝春秋)、『母のいる場所――シルバーヴィラ向山物語』(文藝春秋)、『シクスティーズの日々』(朝日新聞社)、『100歳時代の新しい介護哲学』(現代書館刊)など。
目下、ファンタスティックに生きる! をテーマに「お茶会」や「ワークショップ」「ミニ公演」などを開催する花げし舎を主宰。栃木県那須町に2018年3月に移住。ゆいま~る那須に住み、'20年「原っぱプロジェクト」を立ち上げ、「パペレッタ・カンパニー」を主宰している。

HP:花げし舎

サポーティングメンバー活動情報一覧

willbe Interview

Programs & Events

久田恵
ノンフィクション作家
1947年生まれの団塊世代。上智大学文学部を中退し、さまざまな仕事を経て、女性誌のライターに。日経ウーマンの創刊に立ち合う。'90年『フイリッピーナを愛した男たち』(文藝春秋)で、第21回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。子どもの不登校に関する親子同時ドキュメント『息子の心、親知らず』で平成9年度文藝春秋読者賞受賞。
主な著書に、『ニッポン貧困最前線-ケースワーカーと呼ばれる人々』(文藝春秋)、『母のいる場所――シルバーヴィラ向山物語』(文藝春秋)、『シクスティーズの日々』(朝日新聞社)、『100歳時代の新しい介護哲学』(現代書館刊)など。
目下、ファンタスティックに生きる! をテーマに「お茶会」や「ワークショップ」「ミニ公演」などを開催する花げし舎を主宰。栃木県那須町に2018年3月に移住。ゆいま~る那須に住み、'20年「原っぱプロジェクト」を立ち上げ、「パペレッタ・カンパニー」を主宰している。

HP:花げし舎

/files/hisada_megumi.jpg