ホーム>Member News>サポーティングメンバー一覧>原順子

原順子

歌手

1956年東京都生まれ。7歳からクラシック・ピアノと声楽を始める。
10代でアメリカン・ロックの洗礼を受けその後ビリー・ホリデイとの出会いから黒人音楽に傾倒、独自の音楽観を創り上げていく。'84年「サーカス」に加入。
2002年初のソロ・ライヴ「Unforgettable」を開催。'05年叶央介とともにJ&O名義でのファースト・シングル「Longing for ?」、'07年ファースト・アルバム「My Dear」をリリース。
'13年、35周年を機にサーカスから独立し、ライヴ活動を本格的に展開すると共に「声の学校」と題したワークショップの開催、ゲスト・シンガーとして様々なアーティストとの共演、女性6人のスーパーハーモニーユニット「The Coconut Cups」への参加など活動の場を広げている。
'16年9月、2VOICE名義でのデビュー・アルバム『120歳のLove Song』 をリリース。
今まで書きためてきたオリジナル曲を中心に、サーカス時代の「Mr.サマータイム」「アメリカン・フィーリング」を新たなJazzyアレンジで披露、長年のファンだけでなく幅広いファン層から支持を受ける。
収録曲の中でも2人が特に思い入れを持つ「YOU~120歳のラブソング~」は伊藤秀裕監督からの熱いオファーを受け'18年3月公開の映画『おみおくり』の主題歌となり、映画のロング・ヒットにも貢献。
'18年10月には2作目となるアルバム 『Winter Love Songs ~ Harmony on Christmas Day ~ 』もリリース。
若手アーティストとのコラボレーション・イベントも積極的にこなし、次の目標「140歳のLove Song」に向け How old is your soul?をコンセプトにした新しい作品作り、「Music Serenade Selections」で120曲以上の洋楽カバー配信、ライヴ活動のみならず「声の学校」など後進の育成にも積極的にかかわる日々が続いている。

サポーティングメンバー活動情報一覧

willbe Interview

Programs & Events

原順子
歌手
1956年東京都生まれ。7歳からクラシック・ピアノと声楽を始める。
10代でアメリカン・ロックの洗礼を受けその後ビリー・ホリデイとの出会いから黒人音楽に傾倒、独自の音楽観を創り上げていく。'84年「サーカス」に加入。
2002年初のソロ・ライヴ「Unforgettable」を開催。'05年叶央介とともにJ&O名義でのファースト・シングル「Longing for ?」、'07年ファースト・アルバム「My Dear」をリリース。
'13年、35周年を機にサーカスから独立し、ライヴ活動を本格的に展開すると共に「声の学校」と題したワークショップの開催、ゲスト・シンガーとして様々なアーティストとの共演、女性6人のスーパーハーモニーユニット「The Coconut Cups」への参加など活動の場を広げている。
'16年9月、2VOICE名義でのデビュー・アルバム『120歳のLove Song』 をリリース。
今まで書きためてきたオリジナル曲を中心に、サーカス時代の「Mr.サマータイム」「アメリカン・フィーリング」を新たなJazzyアレンジで披露、長年のファンだけでなく幅広いファン層から支持を受ける。
収録曲の中でも2人が特に思い入れを持つ「YOU~120歳のラブソング~」は伊藤秀裕監督からの熱いオファーを受け'18年3月公開の映画『おみおくり』の主題歌となり、映画のロング・ヒットにも貢献。
'18年10月には2作目となるアルバム 『Winter Love Songs ~ Harmony on Christmas Day ~ 』もリリース。
若手アーティストとのコラボレーション・イベントも積極的にこなし、次の目標「140歳のLove Song」に向け How old is your soul?をコンセプトにした新しい作品作り、「Music Serenade Selections」で120曲以上の洋楽カバー配信、ライヴ活動のみならず「声の学校」など後進の育成にも積極的にかかわる日々が続いている。
/files/hara_junko.jpg