ホーム>Member News>サポーティングメンバー>廣瀬通孝さん(東京大学名誉教授)

廣瀬通孝さん(東京大学名誉教授)

2021.11.25

新刊『ジェロンテクノロジー 高齢社会を支える情報通信技術の展開』

廣瀬通孝さん編著の新刊ジェロンテクノロジー 高齢社会を支える情報通信技術の展開』。東京大学出版会「シリーズ超高齢社会のデザイン」の新しいラインナップとして登場です。


<内容紹介>
自動運転、ロボット、介護システム、AI、VR――情報通信技術(ICT)を中心とした高齢社会を支える先端技術の展開を解説する。元気な高齢者の社会参加を促し、ケアを必要とする高齢者の生活の質を向上させるための、開拓技術の基礎知識が身につく。


<目次>
はじめに(廣瀬通孝・伊福部達)

第1章 テクノロジーと人間(廣瀬通孝)

第I部 社会参画のための技術
第2章 テクノロジーによる移動の支援――物理的支援1(鎌田 実・二瓶美里)
第3章 ロボットによる作業の支援――物理的支援2(檜山 敦)
第4章 五感技術による感覚の支援――情報的支援1(廣瀬通孝・鳴海拓志)
第5章 ライフログによる記憶の支援――情報的支援2(谷川智洋・相澤清晴)
第6章 経験・知識・技能を活用する就労支援――高次機能の支援1(檜山 敦・小林正朋)
第7章 情動の技術とQOL支援――高次機能の支援2(廣瀬通孝・吉田成朗)

第II部 福祉工学技術とユニバーサルデザイン
第8章 生体・生活機能の回復・代替・補助――ヒトの支援1(吉田直樹・西下 智)
第9章 感覚・コミュニケーションの支援――ヒトの支援2(伊福部達)
第10章 リハビリテーションと介護システム――社会の支援1(田中敏明)
第11章 ユニバーサルデザイン――社会の支援1(関根千佳)

第III部 新展開分野と高齢社会
第12章 ICTと健康支援(神山祥子)
第13章 ビッグデータとサイバネティックループ(竹内俊貴)
第14章 センサとIoT(伊藤研一郎)
第15章 話し相手AI(奥村 学)
第16章 VRとAR(廣瀬通孝)







シリーズ超高齢社会のデザイン
ジェロンテクノロジー
高齢社会を支える情報通信技術の展開

編:廣瀬通孝 編:伊福部達/東京大学出版会/5,610円(税込)


サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events