ホーム>Member News>サポーティングメンバー>夢枕獏さん(作家)

夢枕獏さん(作家)

2020.11.10

『陰陽師』シリーズ屈指の人気作、「瀧夜叉姫」がコミカライズ化

作家の夢枕獏さんの代表作『陰陽師』シリーズの中でも屈指の人気作「瀧夜叉姫」がコミックになり発刊されました。

手掛けるのは『荒野に獣慟哭す』など夢枕さんの他の作品のコミカライズも手掛けた、伊藤勢氏。何度もタッグを組んでいることから夢枕さんからの信頼は絶大です。「伊藤さんの並外れた画力は、見えないものを見えるようにする、あるいは、動かないはずの絵を動いているように見せる。」と語ります。

「読者の皆さんは僕が書いた原作のイメージにとらわれずに、“伊藤勢の安倍晴明”を楽しんでいただけたら幸いです。」(夢枕さん)


<あらすじ>
天徳四年(西暦960年)春。京で「盗らずの盗人」「妊婦の連続殺人」と奇妙な事件が続く中、天文得業生・安倍晴明と友人の源博雅は、奇妙な仕事の依頼を受ける。それは後の京を揺るがす災厄の前触れだった……!



(画像をクリックで販売ページへ)
748円(KADOKAWA)

サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events