ホーム>Member News>サポーティングメンバー>中尾ミエさん(歌手)

中尾ミエさん(歌手)

2022.10.26

新著『76歳。今日も良日』

中尾ミエさん書き下ろしエッセイ『76歳。今日も良日 年をとるほど楽しくなる70代の心得帖』、発売開始です。




【本書の紹介】(出版社ページより)

16歳で鮮烈なデビューを飾って以来、60年。
御年76歳となった中尾ミエさんが綴る書下ろしエッセイです。

ミエさんの生き方には、つねに "やりたいこと""楽しいこと"に向かって真っすぐに進んでいく力強さがあります。

「いつか」ではなく、「いま」動き出すこと。
挑戦を恐れないこと。
人に会いにいくこと。
でも、ひとりを楽しむ時間も大切に。
それによって、いくつになってもワクワクし、人生を楽しむことができる。

そんなミエさんのメッセージを同年代の方、まだ若い方、あるいは80代、90代の人生の先輩となる方々にお届けいたします。

ミエさんは、本書でこんな言葉を残しています。

私、70代の今がいちばん楽しいんです。
年をとってよかったと、心底思っています。
今や年齢は、武器になりました。

茶目っ気とユーモアを交えつつ、人生と真正面から向き合うミエさんの、70代の心得帖。
その言葉のいくつかを、ここにご紹介します。

50歳過ぎたら、「いつか」とか「そのうち」なんて言っていられない。
今でしょう。挑戦を始めるのは。

楽しいことは、自分から見つけにいかなきゃ。
いくつになっても、知らないことが、世の中にはいっぱいあるんですから。

もう、夫を手放してもいいんじゃない?
妻の定年だってありですよ。

若い頃は10年ひと区切り。
それが5年になり、3年になり、今や1年。
これからは「広く浅く」でいい。
とりあえず目標をつくり、一歩踏み出す。

「汗かけ、恥かけ、金かけて」に加え。
「元はとる!」が私の信条です。

深入りしない。
立ち入りすぎない。
適度な「距離感」が、長く友達とつきあうコツ。

いっぱい笑いましょう。
シワはしょうがないの。
永遠に20歳なんてありえない。
それだけ生きてきたってことだから。

古希を迎えたのを機に、
ド派手にファッションを
楽しむことにしました。

年寄は、最後までこきつかい、こき使われなきゃ!

中尾ミエ、76歳。
まだまだ現役です。

女優として、歌手としてだけではなく、ひとりの女性として中尾ミエさんが紡ぐ言葉には、人によりそい、優しく背中を押すような力があります。

年をとるほど楽しくなる。
そんなミエさんの生き方に、この本で少しだけ触れてみませんか?


76歳。今日も良日
年をとるほど楽しくなる70代の心得帖

中尾ミエ/アスコム/1,540円(税込)



サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events