ホーム>Member News>サポーティングメンバー>今中博之さん(クリエイティブディレクター/社会福祉法人素王会理事長)

今中博之さん(クリエイティブディレクター/社会福祉法人素王会理事長)

2018.10.24

新刊 『社会を希望で満たす働きかたー ソーシャルデザインという仕事 ー』

imanaka_hiroshi   今中博之さんの新刊『社会を希望で満たす働きかたー ソーシャルデザインという仕事 ー』が刊行されました。

 今中さんは、知的に障がいのある現代アーティストが集う「アトリエインカーブ」を立ち上げ、彼らの経済的自立を支援するなど、アートと福祉と経済的利益とを結びつける活動、いわゆる「ソーシャルビジネス」「ソーシャルデザイン」を長年行なってきました。

 本書は、こうした「社会福祉家」「企業家」という視点に加え、最大手ディスプレイデザイン社のトップデザイナーとして企業ショールーム、国際博覧会などのデザインを数多く手がけてきた今中さんの「デザイナー」としての視点も盛り込まれています。

 「デザインには常に職業や階級を差別化するために使われてきたという歴史がある」と、今中さんは言います。 
 そのため、ソーシャルデザインに求められるのは、デザインが持つ差別化する力を「非差別化する力」に変える、そのようなデザインだと言います。

「私は非差別化する力をもち、デザインを社会福祉に架橋できるデザイナーを『ソーシャルデザイナー』と呼んでいる。(中略) そもそもデザイナーは、富者をもっと裕福にするために仕事を行ってきたのではない。目の前にいる社会的に弱い人のために仕事をするのがデザイナーである」。(今中さん。 http://b-incurve.jp/kibo.htmlより)

imanaka


『社会を希望で満たす働きかたーソーシャルデザインという仕事ー』
朝日新聞出版(2018/10/19)


【定価】
1,600円+税

サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events



Projects