ホーム>Member News>サポーティングメンバー>玄田有史さん(東京大学社会科学研究所教授)

玄田有史さん(東京大学社会科学研究所教授)

2022.10.20

10/22 シンポジウム「希望郷いわての未来」(オンライン)

玄田有史さんは10月22日、オンライン開催のシンポジウム「希望郷いわての未来 ~三陸と内陸の自然から~」で基調講演を行います。




希望郷いわての未来
~三陸と内陸の自然から~


岩手の海と陸の自然の魅力をとおして
“未来”と“希望”について考えてみませんか?


大規模自然災害の多発や感染症の世界的流行といった新たな脅威が広がる中、岩手県も含めた地方では少子高齢化の進行、人口減少にともなうコミュニティ機能の低下、産業・文化の担い手不足が懸念されるなど、未来への「希望」を持ちづらい雰囲気が漂っています。
2005年に「希望学」を立ち上げ、釜石市でフィールドワークを実施している玄田先生の基調講演のもと、本企画では「ローカル・アイデンティティの再構築が希望につながる」をキーワードに、岩手の重要なローカル・アイデンティティである「自然」を俯瞰し、「希望郷いわて」の実現に向けた手掛かりを探ります。

主催:岩手県立図書館
企画・協力:海と希望の学校 in 三陸 盛岡分校


日程2022年10月22日(土) 13時30分~15時00分
会場オンライン配信限定 ※現地での集合開催はなし
講師基調講演:玄田 有史さん
(東京大学社会科学研究所 所長)

パネリスト:北川 貴士さん
(東京大学大気海洋研究所 国際・地域連携研究センター 准教授)

パネリスト:辻本 恒徳さん
(盛岡市動物公園ZOOMO 園長)
料金無料、要事前申し込み
詳細、申込こちら(岩手県立図書館)のページ






サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events