ホーム>Member News>サポーティングメンバー>大岡玲さん(作家/東京経済大学教授)

大岡玲さん(作家/東京経済大学教授)

2022.10.21

新著『一冊に名著一〇〇冊がギュッと詰まった凄い本』

大岡玲さんの新著、書評エッセイ『一冊に名著一〇〇冊がギュッと詰まった凄い本』が発売開始です。「日刊ゲンダイ」誌の連載コラムを元に単行本化。




【内容紹介(出版社ホームページより)】
名著を名解説で楽しむ!
「芥川&三島」W受賞作家にして、“読書の達人”大岡玲による知的興奮に富む書評エッセイ! カフカにマルクス、司馬遼太郎。水滸伝からゴルゴ13……。誰もが名を知る古典や文豪の名作は言うに及ばず、埋もれたノンフィクションの佳作から、各分野の専門家たちの労作、そして古今の人気漫画まで。混迷の時代に読むべき名著・傑作を網羅。そこに展開される話題のレパートリーの多彩さは、博覧強記の作家の面目躍如だ。

優れた書評は文学であり、鋭い時評でもある――。
稀代の読書家が紡いだ100話に及ぶ手練の時評は、必ずや読んだ者の心と知性を揺さぶるはず。令和元年5月から始まった「日刊ゲンダイ」誌の連載コラムを元にまとめ上げた本書は、いわば、読書日記の形で語った令和のクロニクルとしての一面を併せ持つ。コロナ禍に始まり、ウクライナ紛争や安倍元首相銃撃など激震が続いたこの3年半に思いを馳せて読み進めれば、時代を照射する著者の深い洞察を改めて感得できることだろう。

100書評、読んでから読む、100名著。
“書評の匠”による名著を読み解くプロセスは、本を読む楽しさ、学ぶことの悦楽を改めて教えてくれます! 一読すれば、「時代」と「世界」への理解が深まること請け合い。



一冊に名著一〇〇冊がギュッと詰まった凄い本
大岡玲/日刊現代/1,320円(税込)



サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events