ホーム>Member News>サポーティングメンバー>籔内佐斗司さん( 彫刻家/東京藝術大学大学院教授)

籔内佐斗司さん( 彫刻家/東京藝術大学大学院教授)

2020.08.04

国宝『東大寺 執金剛神立像』復元彩色(クラウドファンディング)

籔内佐斗司さんが所属する東京藝術大学大学院 保存修復彫刻研究室は『東大寺 執金剛神立像』復元彩色のためのクラウドファンディングを始めました。

『執金剛神立像』は東大寺の法華堂(三月堂)に祀られている、8世紀中頃、天平(てんぴょう)期の傑作。
今も奇跡的に当時の彩色や金箔の一部が残っているものの、ご開帳(公開)は年に一度だけ。厳重に守られてきた秘仏です。

今回の復元彩色では可能な限り当日と同じ技法で復元するため、クラウドファンディングでその費用を集めることになりました。
完成した作品は、2020年11月に東京藝術大学にて展覧会を開催。さらに2021年の春に東大寺へ寄贈し、同寺でご覧いただける予定です。


「奈良時代、日本は大陸から強い影響を受け、豊かな仏教美術が花開きました。

この像も当時の先端技法のひとつ、「塑造(そぞう)」という方法で作られています。しかしこの技法は、平安時代以降ほとんど廃れてしまいました。私たちは、その彫刻工程、彩色工程を忠実に追体験することで、その技法の謎に迫ります。

日本の美のはじまりに触れ、それを後世へと伝えていく私たちのプロジェクトに、ぜひ皆様のご支援をお願いいたします。」(同研究室)







『東大寺法華堂執金剛神像
 完全復元プロジェクト』


詳細は、こちらのページ(クラウドファンディングのページ)をご確認ください。






サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events