ホーム>Member News>サポーティングメンバー>夢枕獏さん(作家)

夢枕獏さん(作家)

2021.07.07

『神々の山嶺』を原作にしたアニメ映画 カンヌ映画祭に選出

夢枕獏さん小説『神々の山嶺』(1998年第11回柴田錬三郎賞受賞)。

同作は、谷口ジローさんによって漫画化もされ、コミックスは日本語版のみならずフランス語・英語・スペイン語・ドイツ語・クロアチア語・韓国語・中国繁体字(台湾)版も刊行されています(日本語版コミックスは2001年第5回文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞)。

このたび、同漫画を原作として、フランスのアニメスタジオで製作していたアニメ映画『Le sommet des dieux』が完成。カンヌ映画祭2021年のオフィシャルセレクションに選ばれ、7月10日、現地の「Le cinéma de la Plage」で上映されることになりました。
今回のアニメ映画化は、フランスを中心にヨーロッパで絶大な人気の漫画家・谷口さんのコミックス版があったことでオファーがあり、実現することになりました。









PHOTO © Le Sommet des Dieux – 2021 / Julianne Films / Folivari / Mélusine Productions / France 3 Cinéma / AuRA Cinéma 提供: BCF-Tokyo

アニメ『Le Sommet des dieux/神々の山嶺』
監督 Patrick IMBERT (パトリック・アンベール)
原作 谷口ジロー、夢枕獏『神々の山嶺』
フランス公開 9月29日
90分 2Dデジタル



●小説『神々の山嶺』 あらすじ
1924年、世界初のエヴェレスト登頂を目指し、頂上付近で姿を消した登山家のジョージ・マロリー。登攀史上最大の謎の鍵を握るマロリーのものと思しき古いコダックを、カトマンドゥで手に入れた写真家の深町誠だが、何者かにカメラを盗まれる。行方を追ううち、深町は孤高の登山家・羽生丈二に出会う。羽生が狙うのは、エヴェレスト南西壁、前人未到の冬期無酸素単独登攀だった。






サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events