ホーム>Member News>サポーティングメンバー>平野暁臣さん(空間メディアプロデューサー)

平野暁臣さん(空間メディアプロデューサー)

2019.06.04

日本ジャズに特化したレーベル<Days of Delight>。 6月19日に、2タイトルのCDをリリース。

平野暁臣さんが主宰する、日本ジャズに特化したレーベル<Days of Delight>。6月19日、新たに2タイトルをCDをリリースします。





Days of Delight Quintet『1969』


シーンの第一線を走るトッププレイヤーが結集したスペシャルバンド!
世代を超えて、ストレートアヘッドなジャズの“いま”を紡ぎます。

曽根麻央:tp  太田 剣:as  吉岡秀晃:p  塩田哲嗣:b  大坂昌彦:ds

【定価】2,500円+税





『 Days of Delight ―共振―』


<Days of Delight>が世に問うコンピレーション第3弾!
70年代日本ジャズを体感する旅はいよいよ最終章へ! 

1. For my little bird  向井滋春 
2. Shrimp Dance  鈴木弘
3. Breeze  稲垣次郎とソウル・メディア
4. Love More Train  日野皓正
5. On the Horizon  渡辺香津美
6. Babylonia Wind  杉本喜代志
7. Up into the Sky  板橋文夫
8. 渡良瀬  森山威男

【定価】2,500円+税






■ 日本ジャズに特化したレーベル<Days of Delight>

<Days of Delight>が注目するのは、70年代の日本ジャズ。世界のどこにもないオリジナルの世界観を打ち出し、演奏者の技術とともに現在でも世界中の多くの愛好家を引きつけています。<Days of Delight>は、こうした70年代の音源を再び世に送り出すとともに、これからの新しいジャズの在り方を追及した作品のリリースをテーマにしています。



「わきたつエネルギー。ゆたかなアイデア。ほとばしる情熱。たぎる野心。
1970年代、日本のジャズは独創のステージに立っていました。
時代の熱気のなかで突然変異のように生まれた独特の空気感。音。
それは黒人のジャズとも白人のジャズとも、それまでのジャズとも違うものでした。
あの時代に溢れていた、熱量と冒険心、荒削りな疾走感で、
ふたたびリスナーを魅惑のグルーヴに誘いたい。
あのころの精神を受け継ぎながらも、ノスタルジーを超えて
新たな創造のステージをひらきたい。
目指しているのは新しい日本ジャズのプラットフォームです。
この思いを込めて「歓喜の日々」=“Days of Delight"と名づけました。
創造への気概から生まれる熱いサウンドをお届けします。 」
(平野さん、<Days of Delight>のHPより抜粋)





サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events



Projects