ホーム>Member News>サポーティングメンバー>清家篤さん(労働経済学者)

清家篤さん(労働経済学者)

2022.05.12

新刊『ジョブ型vsメンバーシップ型 日本の雇用を展望する』

清家篤さん共著の『ジョブ型vsメンバーシップ型 日本の雇用を展望する』が発刊です。
清家さんは第1章「ジョブ型雇用の経済分析」を執筆されています。




<内容>
最近の人事のキーワードである「ジョブ型」は
そもそもどのようなもので
日本の雇用をどのように変えるのか。
また課題は何か。

「メンバーシップ型」との対比を軸に
アカデミア、シンクタンク、
公共セクター、コンサルティング業界等
各界の論者が語る!


<目次>
序 章 本書の企画趣旨(八代充史さん)
第1章 ジョブ型雇用の経済分析(清家篤さん)
第2章 ジョブ型vsメンバーシップ型と労働法(濱口桂一郎さん)
第3章 日本的ジョブ型雇用
   ―人材起点の日本企業が選んだカタチ(中村天江さん)
第4章 国家公務員制度と
   ジョブ型vsメンバーシップ型(植村隆生さん)
第5章 コンサルタントが現場目線でみた
   ジョブ型vsメンバーシップ型(山本紳也さん)
終 章 本書のまとめ(八代充史さん)




ジョブ型vsメンバーシップ型 日本の雇用を展望する
慶應義塾大学産業研究所HRM研究会 編/中央経済社/
3,080円(税込)





サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events