ホーム>Member News>サポーティングメンバー>西ゆり子さん(ドラマスタイリスト)

西ゆり子さん(ドラマスタイリスト)

2021.03.30

新著『ドラマスタイリストという仕事』

テレビ番組におけるスタイリストの草分け的存在である西ゆり子さん。NHK「セカンドバージン」、フジテレビ「ファーストクラス」、日本テレビ「家売るオンナの逆襲」など、数多くのドラマのスタイリストを務めてきました。


このたび、西さんは新著『ドラマスタイリストという仕事 ファッションで役柄をつくるプロフェッショナル』を上梓。「ドラマスタイリスト」という職業の役割、自身のスタイリングの哲学などについて、これまでのキャリアヒストリーとともに語ります。

<内容紹介>
衣装を探していると、
服に俳優の「顔がつく」瞬間があるんです。


衣装合わせの場で、役者に試着してもらったときに、役へのスイッチが入ったのを感じることがあります。本番ではないにもかかわらず、服が本気にさせたというか、その役へと生まれ変わらせたのです。周囲のスタッフから、「すごく似合ってる!」と、声が上がることもあります。その瞬間が私にとっては至福のとき。




『ドラマスタイリストという仕事
ファッションで役柄をつくるプロフェッショナル』

西ゆり子/光文社/1,760円(税込)



●3月23日販売・『週刊女性』でインタビュー『のだめ』に『時効警察』担当作品は約200本! ドラマスタイリストは「夢を見せる仕事」が紹介されています。


●西さんは一般個人の方向けに「スタイリングレッスン」も行っています。
「スタイリングレッスン」とは、おしゃれに変身させる「パーソナルスタイリング」ではなく、理論と実践で「着る力」が学べるマンツーマンの講座。「ファッションは自分を知り、どう生きたいかを考えることから始まる」という西さんの想いから生まれた”理想の自分になるためのスタイリングメソッド”を習得するものです。
詳細は「CoCo Styling Lesson」をご確認ください。




サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events