ホーム>Member News>サポーティングメンバー>内山真さん(精神科医/睡眠専門医)

内山真さん(精神科医/睡眠専門医)

2021.02.08

眼の周りを温めると睡眠の質向上! 新しい研究結果を発表

睡眠障害を専門とする医師・内山真さんが教鞭を執る日本大学医学部精神医学系と花王株式会社パーソナルヘルスケア研究所との共同研究で、眼の周りを温めることで睡眠が深くなるという研究結果を発表しました。

一昨年前に眼の周りを温めることで、手足の先が暖かくなって体内の熱の放散が促進され、心身が休息状態になることを発見した研究チーム。更なる研究を重ねることで、これが入眠を促進し、睡眠が深くなることを明らかにしました。なんと、健康な若者を対象に実験を行ったところ、眼を温めると、眠りにつくまでの時間が 12.9 分から 6.8 分と約 2 分の 1 に 短縮されました。

人間は起きている間は体の内部の温度を高く保ち、眠っている間は体温を下げて体と脳を休息させており、体の内部の温度が下がると、自然な眠りにつくことができると言います。眼の周りを温めることで自然な環境で快適に眠る状態に近づけることができるとのこと。

睡眠は健康の要。睡眠に悩まされている方も、質の高い睡眠を求める方も、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。


詳しい研究レポートは▶︎こちらから



サポーティングメンバー活動情報一覧



Programs & Events