ホーム>Member News>メンバー>小畑リアンヌさん(フランス)

小畑リアンヌさん(フランス)

2018.12.12

作詞した歌の動画 YouTubeで公開

フランス在住のメンバー・小畑リアンヌさん
以前、このメンバーニュースで自伝的エッセイ本『なにやってんだろう 私 ─このままフランスで死にたくない』の発表をご紹介しました。

今回、作詞した歌の動画をYouTubeで公開とのお知らせが届きました。

「昔、日本を離れる前に作詞した歌(1979年)を、パリの風景(2018年10月)と共にスマートフォンで作り、老体のこの私がひとりでダビングし、やっとYouTube に入れることができました。
実は、この曲を作り歌っている方は日本で仕事の同僚でした。失業し生活苦の末、行方不明だと何年か前にお聞きしました。早く見つかってこの歌がお役に立てばと考えています。」(小畑さん)



「硝子の街」作詞:Kaoru(小畑さん)









小畑さん著書『なにやってんだろう 私
 ─このままフランスで死にたくない』


26歳で渡仏。美術学校と語学学校とアルバイトの毎日に現れた人は、背の高い王子様(?)。妻、嫁、母として、さらに修士課程の学生、店員、日本語講師、日本人会の世話役として駆け抜けてきた40年近い歳月を、今、独りになって振り返る自分史エッセイ。義母や義姉、娘をはじめ、強気な「フランス人気質」に対抗する波乱の日常を小気味よい筆致で描く。




『なにやってんだろう 私
 ─このままフランスで死にたくない』

小畑リアンヌ
文芸社
1200円+税


著者プロフィール
1953年生まれ。
1979年10月パリへ美術留学。帰国後大阪で個展。
1982年再び渡仏。トゥールーズ美術学校、フランス国立東洋言語文化研究所卒、トゥールーズ第二大学でフランス言語学修士修得。
法廷翻訳家、日本語講師を経て2009年に「仏相(物騒)な世の中、日本の中─フランスに相通じる世の中─」を執筆、ヨーロッパの経済ビジネス情報NNAに「フランスの曲がり角から」を2011年2月まで連載。



メンバー活動情報一覧



メンバーの活動情報を
ウェブサイトでご紹介します


「趣味のバンドでコンサートを開催します」「油絵の個展を開きます」「イベントをやるので参加者募集」「本を出版することになりました」etc.
ウィルビーメンバーだけの特典ですので、是非ご利用ください。
メンバーズルームにログインし、左メニューの「メンバーニュースに情報を掲載する」をクリックすればOKです。