ホーム>Member News>メンバー>奥坂まやさん(東京都)

奥坂まやさん(東京都)

2021.08.13

新著 第四俳句集『うつろふ』

俳人・奥坂まやさん第四俳句集『うつろふ』を上梓されました。
「コロナという未知の疫病の最中、束の間の生を共にする季語への思いが、ひとしお深いものになったと感じております。」と本書発表にあたってのコメントを寄せていただきました。


第四俳句集
春の星この世限りの名を告ぐる
「うつろひゆくもの」のひとつとして、季語に捧げる俳句を詠み続けたい。(著者)


自選十五句
炎天や何求ぎて波つぎつぎに
ひるがほや死はただ真白な未来
造り滝みづべらべらと落としをり
月光に山征きにけり新豆腐
星なべて自壊のひかりきりぎりす
本ひらくやうに冬青空仰ぐ
野に山に枯みなぎりて醇乎たり
息の根のごとき海鼠を掴み出す
寒晴や高さ貪るビルの群
鮟鱇の恵比寿笑ぞ畏ろしき
春浅し川総身の鱗波
ひろびろと波打つ布のやうに春
一山の絶唱の花吹雪かな
桜散るいつもわれらを置去りに
春の星この世限りの名を告ぐる


プロフィール
藤田湘子に師事し、俳誌「鷹」同人。俳人協会会員。日本文藝家協会会員。第18回俳人協会新人賞。著書―『現代俳句の鑑賞事典』(共編・共著 東京堂出版)。『鳥獣の一句』(ふらんす堂)。『飯島晴子の百句』(ふらんす堂)他。句集―『列柱』。『縄文』。『妣の国』。




第四俳句集『うつろふ』

奥坂まや/ふらんす堂/3,080円


メンバー活動情報一覧



メンバーの文化活動の情報を
ウェブサイトでご紹介します


「趣味のバンドでコンサートを開催します」「油絵の個展を開きます」「本を出版することになりました」etc.
ウィルビーメンバーだけの特典ですので、是非ご利用ください。
メンバーズルームにログインし、左メニューの「メンバーニュースに情報を掲載する」をクリックすればOKです。