ホーム>willbe Interview>80歳? 次へ、前へ進むだけです。 後篇

80歳? 次へ、前へ進むだけです。 後篇

鳥居ユキさんインタビュー


後篇 好きなものを大事にする暮らし



新エッセイ集『80歳、ハッピーに生きる80の言葉』

残間
さて、9月に新しいエッセイ集というか、鳥居さんのライフスタイルブックとも言える本が発表されました。タイトルが『80歳、ハッピーに生きる80の言葉』。鳥居さんの日々の暮らし、インテリア、ガーデニング、大好きな小物、ファッション、仕事など、様々な側面からハッピーのヒントを提示されています。可愛い写真もたくさんあって、見てると楽しくなる本ですね。
発売されてすぐに読んで、今日お会いする前にもう一度読んだのですが、後になって沁みてくる気づきが幾つかありました。一番耳が痛かったのは、「毎日同じ感じで生きてちゃいけない」というところですね。繰り返しは楽なので、つい流されてしまいます。やはり何か変えなきゃいけませんかね? 



『80歳、ハッピーに生きる80の言葉』(主婦と生活社)


鳥居
ちょっとでもね。同じじゃつまらないでしょ?

残間
鳥居さんの朝食の定番、卵料理ひとつでも。

鳥居
はい。今日は炒り卵にしました。

残間
朝もストレッチや体操、バイクといったルーティーンはあるんですけど、少しずつ違うんですよね。

鳥居
ええ、体調もありますし。その時その時の自分と相談しながらね。

木や草花から元気をもらっている。気分は庭師
残間
今回の本には鳥居さんのプライベートの写真がたくさん載っています。傍目から見るとお洒落に暮らしていると表現されそうですが、私は以前にご自宅にお邪魔した時、「丁寧に暮らしてる!」って思いました。作り込んだインテリアというより、一つひとつの物を大事にしてる感じが伝わってきて。

鳥居
この子(ex.インテリア小物)をどう生かそうかとか、あの子と並べるともっと生きるんじゃないかとか、いろいろ考えてますね。

残間
それから、あの素敵なお庭はいつ頃から手がけているのですか? 

鳥居
もう20年になるかしら。

残間
そんなに! 本の写真でもその片鱗が見られますが、あの見事さはマンションの庭とは思えないですよ。

鳥居
庭はいつもああやろうこうやろうと、いろいろ考えています。この時期はウインターコスモスがたくさん咲くようにとか。今は最後の朝顔かしら。12月の頭まで咲くのよ。もう枯れそうだなと思った花は、最期に夫の仏壇に飾ったりしますね。枯れそうな花は切って水に浮かべると、束の間再生するんですよ。

残間
お忙しい中、よくあそこまで庭の手入れができますね。

鳥居
それは好きだから。
気分はもう庭師ですよ。植物は私に元気をくれます。あの子たちが生き生きしているとね。庭からは仕事にもずいぶんインスパイアされてます。

残間
草花や木から………確かに鳥居さんの服からそれが伝わってきます。




怒っているヒマなんかない

残間
「80歳の生きるための秘訣」的な本を出されたわけですが、本を出すことで自分の中での変化というのはあったでしょうか。逆に年齢を意識してみたり。
鳥居
全然! まだこういうインタビューも続いてますから。まだ本を振り返るところまで行っていないのかもしれません。それから、とにかく忙しい。

残間
本に関する他誌のインタビューも読みましたが、あまりの鳥居さんの“80歳の凄さ”に、みんなどうしていいかわからない感じが伝わってきました。

鳥居
(笑)

残間
確かに「鳥居先生だからできるんですよ」と言われがちだと思います。私も一回目に読んだ時がそうでした。今もファッショナブルだし、経験もあれば才能もあるし、素晴らしい実績もある。でもしばらく間をおいて読み直すと、何か自分でも少しはやれそうな気になってくるから不思議です。だから知り合いには、もう一度読むことを勧めているんです。

それから本の中の言葉に「自分の機嫌は自分で作りなさい」というのもありましたね。普通は毎日過ごしているとムッとすることばかりなんですよ。でも、鳥居さんはムッとしないですよね。

鳥居
ムッとしてますよ。プンプンプン! とするんだけど、すぐに忘れてしまうの。プンプンしてると仕事が進みませんもの。

残間
なるほど。次にやらなきゃというのものを、人に言われるんじゃなく、自分の中で作れている強みですね。自分の思いから発していることですから。

鳥居
でもアスリートの人たちなどを見てると感心しますよ。彼らも目標に向けて日々一瞬一瞬努力して、さらに努力してるのに、試合直前で怪我をしたりする。あれを見てると私なんか幸せだと思います。プンプンなんかしてられませんよ。次に行かないと。

残間
私ももう何年か後に80歳なりますが、少しでもその境地に近づきたいと思います。今日はありがとうございました。次のコレクションも楽しみしています。

鳥居
ありがとうございます。またお会いしましょうね。




(終わり/2023年11月取材)



前篇 考えているのは次のコレクションのこと

後篇 好きなものを大事にする暮らし


インタビュー一覧