ホーム>ハンナとその「時代」>61st:はじめて1年が経ちました

61st:はじめて1年が経ちました

2021.02.12

そろそろ、バレンタインデー。
街にも出ないので世間がその日に浮かれているような実感もなく、
日曜日の当日を迎えようとしています。

ですが、ふと思い出したのです。
昨年のバレンタインデーの前に、
バレンタインデーにまつわる記事を書いたことを。
このコラムをスタートして、
1年の時が経たことに気付きました。

そして、その直後、
初めてこのコラムの中で「新型コロナ」について言及しました。

この1年で起きた出来事を、
一言で表すとすれば「コロナの猛威」としか
言えないような気がしますが、
振り返ってみると予想以上に色々なことがありました。

アジア映画として初めて、韓国で作られた「パラサイト」
アカデミー賞作品賞を受賞し、
ティッシュペーパーが街中からなくなったと思ったら、
エクササイズも飲み会もみんなオンラインで行われるようになり、
ワニは100日後に死にました。
映像のサブスクリプションがより流行し、
日本中が「愛の不時着」にハマり、
真っ黒の画像で人種差別の撲滅を世界中が願い、
TikTokで若者は踊り狂いました。
「風の時代」がやってきたと思ったら、
「Clubhouse」の登場で、
自分こそ時代の最先端マウントの取り合い合戦が始まりました。

それぞれのトピックスについて言及した記事に、
リンクを貼ってみたので、
もしお時間あったらぜひ振り返ってみてくださいね。

約1年で60本のコラムを書いてきました。
当初はスーパースピードアップでぶっ飛ばしたかと思いきや、
長いきまぐれ休止をしてしまったり、
安定しない更新スピードでしたが、
平均して1ヶ月に5本の更新をしたということ・・・。
自分に甘い私は、
「なかなかの好ペースじゃん。ふふふん。」と、
一時怠けたことを棚にあげています。

冒頭述べた通り、この1年を考えるとどうしても、
コロナのことで頭がいっぱいになってしまいます。
ですが、コラムに残したことを振り返ってみると、
あんなこともこんなことも起こっていたのだと驚きました。
次の1年も私なりに時代を切り取って、
ここに残していきたいと思います。

今年の1月からは気まぐれ更新ではなく、
毎週金曜日の週1更新をするようにしていますし、
初年度よりも気合いを入れて、
2年目を過ごしていきます。
どうぞ今後とも応援していただければ幸いです。

よろしくお願いいたします!


wakudamailto