ホーム>ハンナとその「時代」>51st:TikTokとはなんぞや、という話。

51st:TikTokとはなんぞや、という話。

2020.07.29

「わくちゃん、
 "チクタク"ってなに?!」

先ほどZammaからそう聞かれ、
一瞬「なんの話だ?」とはてなマークだったのですが、
なるほど、「TikTok」のことか、
とすぐに気づきました。

ここ数日、アメリカやインドで
中国資本企業が提供するアプリの使用を
国内で禁止し始めている流れを受け、
日本でもそれらの規制について、
議論がはじまるとのニュースが流れました。

このニュースで、
「TikTok」という言葉を初めて聞いた、
willbe世代は少なくないのでは…ということで、
コラムを書いています。

「TikTok」
まず、これは「ティックトック」と読みます!
短い動画をシェアする、
ソーシャルネットワークサービス(SNS)で、
15秒~30秒程度の音に合わせて、
踊ったり、はしゃいだりした様子を、
アプリの中で編集することができます。

なんともわかりづらい説明を
してしまい申し訳ないのですが、
それもそのはずで、
私にも正直あまり馴染みのないアプリなのです。

動画の撮影も投稿もしたことがないのですが、
アプリだけはダウンロードして、
暇なときに眺めています。

メインのユーザーは10代~20代前半。
閲覧していると、
若くてとてもかわいい子たちが、
スマホ画面の中で独特なダンスを
繰り広げています。

TikTokの世界の中には
いつもその時ブームになっている
音源とそれに合わせたオリジナルダンスがあって、
一度火が付くと、
またたく間に何万人もの若者たちが
知っている動画になります。

音楽とダンスはセットになっていて、
人気になったそれらを
どれだけ多くの人たちに模倣されるか、
というのが勝負です。
(勝ち負けではないんですがね…)

最近では、
レコード会社にも所属していない
無名のアーティストの曲が
TikTokで音源として使われるようになってから、
爆発的ヒットとなったり、
新しい流行が生まれる場にもなっています。

ちなみに、
TikTokでヒットした代表が
瑛人さんいうアーティストの
「香水」という楽曲です。

「別にきーみをもとめてないけど
 横にいーられるーと思い出す
 君のドールチェ・アーンド・ガッバーナーの
 その香水のせいだよー」
という、一度聞くと耳から離れないフレーズが
見事TikTokユーザーたちのハートを
わしづかみにしました。

前述したとおり、基本的には、
曲に合わせてダンスをしている様子を
動画にしてシェアするのですが、
最近では動物や子供などの
動画をシェアする人も増えています。

私がお気に入りなのは、
お座りしているかわいいポメラニアンが、
キュルキュルの瞳で
こちらを見つめている動画に、

「あの~、すいません、
 そろそろおなかがすいたので、
 ちょっとご飯をいただけますかしら~?
 え、さっき食べたのは、
 おやつですねぇ~。」と、
不思議な声の音源が合成されているものです。

その音源を使って、
多くの愛犬家たちが自分のペットの
カワイイ様子を投稿しています。

また、短い動画の中で、
お料理する様子をまとめて、
レシピを伝えている料理研究家さんや、
ハンドメイドのアクセサリーの
作り方を伝えるアーティストさんなど、
今ではいろいろな使われ方がされています。

百聞は一見にしかずで、
一度ダウンロードしてみると、
次から次へといろんな動画を
永遠に見ることができるので、
とりあえずのおもちゃとしては
楽しめるかもしれませんが、
前述したとおり、基本的には若者たちしか
出てこないので「子供のおもちゃ」と
思われてしまうかもしれません。

ですが、TikTokのオリジナルダンスは
そう複雑なものではないので、
最近ではそのダンスを、
おじいちゃんやおばあちゃんに教えて、
孫と祖父母が一緒に踊る人も
増えています。

先日は老人ホームのレクリエーションの一環で
使われている動画も流れてきました。

実は「馴染みがない」と書きましたが、
閲覧だけはしていて、
なにもない休みの日などは
ぼーっとTikTokを見てたら、
気づいたら3時間経過していた、
なんてこともありました。笑

インドやアメリカ政府をはじめ、
中国企業の提供するアプリの
使用を禁止する風潮になっていますが、
日本政府はどのような決断をくだすのでしょうか。

今の若者はTikTokで頭がいっぱいの子が
多いでしょうから、
利用制限が現実となれば、
相当な反感を政府が買うこととなるでしょう。
それはそれで、若者の政治参加の
いいきっかけとなるかもしれません。

つたない説明、
お粗末様でした…。
更にわからない点などあれば、
ぜひメールでお気軽にお問合せくださいね。

いつかイベントで若者に人気のアプリを
みんなで使ってみるだけの会を
開いてもいいかもしれません!
wakudamailto