ホーム>ハンナとその「時代」>43rd:毎日の食事

43rd:毎日の食事

2020.04.23

「Stay Home」の日々の中で、
SNSを見ていると、
「クッキング」を楽しんでいる人が
増えているように感じます。

以前、
12th:アラサー東京女子のグルメライフ」で
東京在住のアラサー女子たちの
多くが美食家だと書きましたが、
その彼女たちも、
この状況下、憧れのレストランで外食することも
ままなりません。
もちろん私も同じ状況です。

そうなると食事は、
UberEatsでデリバリーをするか、
各飲食店が取り組んでくださっている
テイクアウトメニューを楽しむか、
出来合いのものを買ってくるか、
自炊するか。
いずれにしても自宅で楽しむしかありません。

さすがの外食大好き女子たち。
グルメ好きを名乗るからには、
「自炊だってできるんですからね」と
言わんばかりに、
しっかり手作りしたお店さながらの
美味しそうな食事をSNSに載せる様子が
目立っています。

そんな中、
「自店で食事をしていただけないから」と、
お店で出しているメニューのレシピを
太っ腹にも公表してくださっている
シェフも増えています。

私の周りで話題になっているのが、
Twitterで「♯おうちでsio」という
ハッシュタグをつけて、
自店のレシピを発信している、
代々木上原のフレンチレストラン「sio」です。

シェフの鳥羽氏が普段作っているレシピを
太っ腹にもとても丁寧に公開してくれています。
Twitterで話題になったのですが、
詳細は「note」という、
文章や漫画などを販売したり、
SNSのように使ったりすることもできる、
サービスで細かく書いてくださっています。

◆ 「おうちでsio」はこちらから
https://note.com/sio_co/m/m2af6f687a7a6

私も今日、
テレワーク中のランチで、
「おうちでsio」レシピの明太子パスタを作りました。

少しのコツで、
普段の明太子パスタとはワンランク上の味になり、
感動でした。

「stay home」でできないことが目立ちますが、
これまでの環境下であれば、
有名店のシェフが
無料でレシピを公開してくれることは、
なかったでしょう。

窮屈な暮らしの中で、
思いがけない楽しみが見つかるのは、
「SNS時代」のありがたさだと
感じる日々を送っています。

今後も、「SNSの恩恵」を見つけたら
また皆様にも共有させていただきますね。
wakudamailto