ホーム>ハンナとその「時代」>39th:バーチャルで再会

39th:バーチャルで再会

2020.04.03

さて、前回の記事では、
インターネット時代の悪しき部分について
言及してしまったので、
今日はポジティブなことを
書きたいと思います。

ここ2週間ほど、全ての予定を
キャンセルしているため、
友人たちと会う時間を持てずにいます。

状況を考えると当然のことですし、
感染拡大を抑えることが第一義の今、
取るべき行動で、
辛さはないのですが、
やはり寂しさはあります。

多くの企業が在宅ワークを取り入れた今、
学生時代の友人たちの多くも、
自宅からほとんど出ない日々が続いているようで、
昨日、一人の友人から、
親しい友人5人で構成された、
LINEグループに
「新型コロナで大変だね。
 みんな大丈夫?元気にしてる?」と、
連絡が入りました。

そこからLINEのやり取りが弾み、
「オンライン飲み会をやってみよう!」
という話になり、
今週末の日曜日に開催されることとなりました。

今朝、起床し自宅でメール対応や、
仕事をしていると、またLINEが鳴り、
「みんな今日も在宅?
 今からお昼ごはん食べるから一緒に食べようよ。」
と、とメンバーの一人から提案があり、
飲み会に先駆けて、
オンラインランチを実行することとなりました。

メッセージアプリの「LINE」は、
テレビ電話機能があるのですが、
複数人が参加したテレビ電話もできるのです。

各自、お昼ごはんを用意し、
準備できた段階でテレビ電話を開始!
私は2Lのペットボトルに
スマートフォンを立てかけて、
用意した辛いラーメンを食べながら、
久々に友人の顔を見ながら
食事をすることができました。

自宅なので、おうちモードで、
恥ずかしいのですが、
文章だけでは、イメージもわかないと思うので、
友人の顔はスタンプで隠した画像を
掲載しますね。

2A54767F-02F5-451D-823B-94EC535AF702

(スマホには今表示されている画面を、
 画像として保存できるスクリーンショット、
 略してスクショという機能があるのですが、
 スクショで記念写真を撮った様子です。
 ポーズは今人気のお笑い芸人
 「ぺこぱ」さんのキメポーズです。
 ふざけていてすいません…。笑)

今回は私を含め4人の参加だったのですが、
このように4分割で
それぞれの様子が表示され、
全員で会話を楽しむことができます。
カメラはスマホの
内側カメラを使っています。

やってみる前はテレビ電話にも
抵抗感がありましたし、
「これで本当に会話が成立するのかしら」、
「画面上で話して楽しいのかしら」、
などと懐疑的だったのですが、
やってみると意外と楽しい。

実際に会っているかのように、
みんなとわいわい雑談をできることが
こんなにも楽しく、喜び深いものなのかと、
つい先日まで当たり前だったことに、
感激してしまいました。

旧友とのバーチャル上での再会は
とても楽しく、
束の間の心温まる時間となりました。
久しぶりに涙が出るほど笑ったな~。

このようなオンライン会は、
今あらゆる人々が楽しんでおり、
今回の私たちのように
LINを使っている人もいますが、
「zoom」というサービスが、
世界中で活用されているようです。

「ランチ会」や「飲み会」はもちろん、
DJが主催者となり、
ダンスミュージックを
ひたすらかけている様子を映し、
バーチャルディスコを開催したり、
ヨガレッスンなどの
バーチャルエクササイズ教室も
開催されていたりするようです。

先、数年は「with コロナ」で
生きていくことを余儀なくされる
可能性が高いとも言われていますが、
そうなる可能性がある中でも、
楽しみや喜びを見出す方法を
みんなが模索しています。

私は大阪の出身なのですが、
もしかしたら5月のゴールデンウィークに
帰省することも叶わないかもしれません。
そうなってしまったら、
祖父母・父母のパソコンに
zoomをダウンロードしてもらって、
「バーチャル家族会食」を
開催しようかな。

うん。
ありな気がしてきました!
「zoom」の使い方も一度やってみれば、
二度目は簡単なので、
ぜひ親しい方と試してみてください。
意外な楽しさを、
実感していただけると思います!

wakudamailto