ホーム>ハンナとその「時代」>37th:あの有名店のテイクアウト

37th:あの有名店のテイクアウト

2020.04.01

「stay home」がキーワードとなった
今日この頃。
飲食店は当然客足が減り、
売り上げに大打撃が出ています。

どこも非常に苦しい状態で、
すでに閉店を余儀なくされた店も
出てきているそうです。

ホリエモンさんなどはSNSで
このままの状態が半年以上続くと、
「ほとんどのお店の経営が成り立たなくなってしまう」と
警鐘を鳴らしています。

そんな状況でもなんとか、
「美味しいものを届けたい」
「少しでもお客様に喜んでいただける形で
 売り上げを維持したい」と、
あらゆるレストランが
テイクアウトメニューの開発に
勤しんでいます。

すでに少なくない数の飲食店が
テイクアウトメニューの販売を始めており、
普通の状況下だと絶対に
自宅では食べられないお店の味が
自宅で楽しめるようになっています。

私も今は行けないお気に入りのお店が、
こぞってテイクアウトメニューを発表しているので、
ぜひ購入しに行きたいのですが、
見ているといずれも、2〜3名用で
販売しているところが多く、
自宅で一人でそれを食べる予定の私は
二の足を踏んでいる状態です。

同じく一人暮らしの友人を誘って、
どちらかの自宅で食べても良いかなとも
考えたのですが、
いくら親しくても、いくら一人暮らしでも
やはりどちらかが移動をしなくてはいけないのは
気が引けてしまい、実行できていない次第です。

どの飲食店もテイクアウトメニューがあることを
SNSで発表していることが多いので、
なかなか情報が入りづらいかもしれませんが、
もしかしたら普段からご愛顧なさっている
あのお店もそんな施策を取られているかもしれないので、
ぜひお問い合わせしてみてください。

傾向として、
お店で最初から最後まで仕上げれられているものではなく、
最後の仕上げは自宅で行うものが多いように思います。
例えば、お鍋セットだったり、
乾麺とソースがセットになっていて、
パスタを自宅で茹でてソースをあえて完成するものなどです。

外出ができない最中、
あらゆる業態が窮地に立たされ、
オーナーさんたちはさぞ頭を悩ませていることと存じます。
可能な限りの消費をと、
各店のファンの方々は考えるでしょうが、
それもままならないこの状況。

しかし、そこで立ち止まるのではなく
今できる形で、と、即座に動き出す
有名飲食店さんの様子を見て、
全く別業種で生きる私も、
背筋の伸びる思いがします。

なんとか大好きなお店が
息絶えることのないよう、
今できる形で支援し、
みんなが安心してお出かけができるようになった暁には
「やっぱりこの場所で食べるのが美味しいね!」
と喜びあいながら、
美食と美酒を味わえればいいなぁと願っています。

明日、午前10時より、NHKラジオ第一「らじるラボ」で
Zammaの新レギュラーコーナーが始まるようです!
コーナー名は「らじるラボ どうしたの?〜木曜相談室〜」。
Zammaがお寄せいただいたお悩みに答えます。
ぜひみなさんお聞きください。

詳細はこちら↓
https://www.club-willbe.jp/members/supportingmember/0402zamma.html

私も一週間ほどZammaとは会えていないので、
声を聞いて再会気分を味わいたいと思います。
(今朝のTBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線!」
 でも一方的に再会しましたが…♪)
wakudamailto